【画像】RFIDを使用した「入退門管理システム」と「作業者接近検知システム」を展示、災害発生時の安否確認も可能(吉川工業) (2/2)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.17(木)

RFIDを使用した「入退門管理システム」と「作業者接近検知システム」を展示、災害発生時の安否確認も可能(吉川工業) 2枚目の写真・画像

研修・セミナー・カンファレンス

アクティブRFID方式のため、指向性がなく全方位での検知が可能。作業者用タグ、建設機械用タグなど複数の種類がある(撮影:防犯システム取材班)
アクティブRFID方式のため、指向性がなく全方位での検知が可能。作業者用タグ、建設機械用タグなど複数の種類がある(撮影:防犯システム取材班)

編集部おすすめの記事

特集

研修・セミナー・カンファレンス アクセスランキング

  1. これまでの 20 年とこれからの 20 年 ~ Black Hat 2017 ジェフ・モス開会挨拶

    これまでの 20 年とこれからの 20 年 ~ Black Hat 2017 ジェフ・モス開会挨拶

  2. FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2017 注目 Briefings ~ マルウェアの復活

    FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2017 注目 Briefings ~ マルウェアの復活

  3. あのランサムウェアはいくら儲かったのか? Locky が 780 万ドル、WannaCry は?

    あのランサムウェアはいくら儲かったのか? Locky が 780 万ドル、WannaCry は?

  4. 高度IT人材の発掘~セキュリティ・キャンプの応募課題がすごすぎる件

  5. [Security Days Spring 2017 インタビュー] IoTを含む百万以上のエンドポイントを可視化し、脅威を自動的に検出し封じ込める「ForeScout CounterACT」(フォアスカウト・テクノロジーズ)

  6. ScanNetSecurity勉強会レポート:サンドボックス製品使用実感比較

  7. 通信インフラがダウン状態でもスマホ同士をWi-Fi Direct機能を利用して接続する「スマホdeリレー」(構造計画研究所)

  8. LINE が取り組む 10 のセキュリティ対策…インフラは? アプリ開発は? 乗っ取り対策は?

  9. 自動化された攻防戦 「CGC」 が 2 億円の賞金以上に与えたインパクト

  10. 【フォトレポート】sutegoma2 が CTF で2連覇達成、HITB2012

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×