【画像】噴火の発生事実を迅速に発表、アプリでも確認可能(気象庁) (2/4)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.18(月)

噴火の発生事実を迅速に発表、アプリでも確認可能(気象庁) 2枚目の写真・画像

製品・サービス・業界動向

「噴火速報」発表される情報の例
「噴火速報」発表される情報の例

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. JSOC監視対象をエンドポイントに拡張、マネージドEDRサービス提供(ラック)

    JSOC監視対象をエンドポイントに拡張、マネージドEDRサービス提供(ラック)

  2. カスペルスキーに関する一連の報道に対し、代表取締役社長の川合氏が言及

    カスペルスキーに関する一連の報道に対し、代表取締役社長の川合氏が言及

  3. セキュリティ対策の現状の把握と可視化を行い、ロードマップを提案するサービス(NRIセキュア)

    セキュリティ対策の現状の把握と可視化を行い、ロードマップを提案するサービス(NRIセキュア)

  4. ライセンス認証回避のクラックツールと共に中古PCを販売した男性を逮捕 他(ダイジェストニュース)

  5. AWSの企業ユーザ向けセキュリティ対策で協業、次世代IPSにJSOCが技術連携(マカフィー、ラック)

  6. ソースコード脆弱性分析ソフトウェアを発売(三菱総研DCS)

  7. 12回目となる重要インフラにおける分野横断的演習、今回は12月13日に開催(NISC)

  8. 「その人らしさ」をベースに、なりすましによる不正ログインを検知(サムライズ)

  9. ダークウェブからAIで情報収集(DTRS、IISEC)

  10. 仮想のデスクトップを駆使して容疑者のコンピューターや携帯電話をハッキング、ハッカーの気分が味わえるゲームのアルファ版を配信(Merge Games)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×