【画像】不審者の判定を最新の顔認証技術によりバックアップ、危険人物侵入防止システムを発表(リカオン) (1/3)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.23(月)

不審者の判定を最新の顔認証技術によりバックアップ、危険人物侵入防止システムを発表(リカオン) 1枚目の写真・画像

製品・サービス・業界動向

「危険人物侵入防止システムLYKAON(リカオン)」イメージ
「危険人物侵入防止システムLYKAON(リカオン)」イメージ

編集部おすすめの記事

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 法人向けランサムウェア対策ツールを無償提供(カスペルスキー)

    法人向けランサムウェア対策ツールを無償提供(カスペルスキー)

  2. クレデンシャル総合研究所がRSA BSAFEを使ったセキュリティ技術者育成講座を実施(RSAセキュリティ)

    クレデンシャル総合研究所がRSA BSAFEを使ったセキュリティ技術者育成講座を実施(RSAセキュリティ)

  3. ヤマハ製ファイアウォールにWebレピュテーション機能などを提供(トレンドマイクロ)

    ヤマハ製ファイアウォールにWebレピュテーション機能などを提供(トレンドマイクロ)

  4. サイバー攻撃の観測レポートや注意喚起情報などをブログ形式で発信(IIJ)

  5. 指針改正、公務員はセキュリティ対策を怠れば懲戒(人事院)

  6. ほけんの窓口、Tanium の EDR 製品で 5,500 台の業務端末を管理(タニウム)

  7. 県内全域にある20か所の河川カメラの映像をWebで公開、危険予測に活用(福井県)

  8. Mac向けユーティリティの最新版、ファイルの完全消去機能など搭載(トレンドマイクロ)

  9. 新アルゴリズムを開発、古い制御システムでもサイバー攻撃対策が可能に(日立)

  10. AvastがAVG Technologiesの買収を完了、合算ユーザ数は4億人に(Avast)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×