顔写真用いたバイパス対策、顔認証にAI利用の「まばたき」検知機能(両備システムズ) | ScanNetSecurity
2022.05.20(金)

顔写真用いたバイパス対策、顔認証にAI利用の「まばたき」検知機能(両備システムズ)

両備システムズは、多要素認証、シングルサインオンに対応した認証セキュリティソリューション「ARCACLAVIS Ways(アルカクラヴィス ウェイズ)」の最新バージョン6.6を開発し、7月より提供を開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社両備システムズは7月8日、多要素認証、シングルサインオンに対応した認証セキュリティソリューション「ARCACLAVIS Ways(アルカクラヴィス ウェイズ)」の最新バージョン6.6を開発し、7月より提供を開始すると発表した。同ソリューションは、パスワードだけの認証を、「顔認証+パスワード」「ICカード+パスワード」などの多要素認証に強化することで、なりすましによる不正利用や、情報漏えいを防止するもの。

新バージョンでは、顔認証の追加機能として、AIを利用しユーザの「まばたき」を検知する機能を追加した。これにより、別人の顔写真を使った不正な顔認証突破を防止する。ユーザはカメラに向かって「まばたき」をするだけで効率を低下させない。顔認証、ICカード認証はハイパーバイザー上のWindows10へのログインやロック解除にも対応した。また、業務端末を利用する時にマイナンバーカードをかざして、ログインやロック解除の多要素認証を行うことが可能となっている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×