人工知能( AI )とセキュリティ | ScanNetSecurity
2021.04.19(月)

人工知能( AI )とセキュリティ

産総研、AI の品質を定量評価する「機械学習システムの品質評価テストベッドα版」公開 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

産総研、AI の品質を定量評価する「機械学習システムの品質評価テストベッドα版」公開

国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)は11月18日、「機械学習システムの品質評価テストベッドα版(機能限定)」を企業・大学などの開発者向けにオープンソースソフトウエアとして同日から公開した。

石油化学プラントでの AI 導入推進ガイドライン・事例集公表 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

石油化学プラントでの AI 導入推進ガイドライン・事例集公表

総務省は11月17日、消防庁で厚生労働省及び経済産業省とともに開催している「石油コンビナート等災害防止3省連絡会議」にて、石油・化学プラントにおけるAI信頼性評価ガイドライン及びAI導入事例集を取りまとめたと発表した。

SBPSが「AI不正検知」提供、不正クレジットカード決済を早期発見 画像
製品・サービス・業界動向 高橋 潤哉( Junya Takahashi )

SBPSが「AI不正検知」提供、不正クレジットカード決済を早期発見

SBペイメントサービス株式会社は11月11日、同社のオンライン決済サービスを導入した事業者向けに不正検知サービス「AI不正検知」の提供を同日から開始したと発表した。

クラウド型Webアプリ脆弱性診断ツール「AeyeScan」提供開始(エーアイセキュリティラボ) 画像
製品・サービス・業界動向 高橋 潤哉( Junya Takahashi )

クラウド型Webアプリ脆弱性診断ツール「AeyeScan」提供開始(エーアイセキュリティラボ)

株式会社エーアイセキュリティラボは10月5日、クラウド型Webアプリケーション脆弱性診断ツール「AeyeScan」の提供を同日から開始すると発表した。

セキュアブレインと CyCraft の提携、AI が作り出す奇跡 ~ 台湾と日本に埋蔵される巨大資源 画像
脆弱性と脅威 高橋 潤哉( Junya Takahashi )

セキュアブレインと CyCraft の提携、AI が作り出す奇跡 ~ 台湾と日本に埋蔵される巨大資源PR

きっとこの男の目にはサイバー攻撃が、金やダイヤモンドの鉱山のような、価値を生み社会を改良し、人間の生活を向上させる天然資源に映っていることだろう。

AIで実施していたアドベリフィケーション対応に「目視」確認を加えて検証(サイバー・コミュニケーションズ、イー・ガンディアン、ビズテーラー・パートナーズ) 画像
製品・サービス・業界動向 高橋 潤哉( Junya Takahashi )

AIで実施していたアドベリフィケーション対応に「目視」確認を加えて検証(サイバー・コミュニケーションズ、イー・ガンディアン、ビズテーラー・パートナーズ)

株式会社サイバー・コミュニケーションズとイー・ガンディアン株式会社との合弁会社である株式会社ビズテーラー・パートナーズは8月27日、「目視で検証するセーフティリストテーラー」と「目視で検証するブロックリストテーラー」の提供を開始すると発表した。

クラウドWAFサービス「CloudCoffer on Cloud」開始、カーネギーメロン大学CyLabのAI技術活用(アリス) 画像
製品・サービス・業界動向 高橋 潤哉( Junya Takahashi )

クラウドWAFサービス「CloudCoffer on Cloud」開始、カーネギーメロン大学CyLabのAI技術活用(アリス)

株式会社アリスは7月13日、CloudCoffer社のWebアプリケーションファイアーウォールのクラウド型サービス「CloudCoffer on Cloud」の提供を7月20日に開始すると公表した。9月30日まで無償トライアル可能。

AIで不審な通信を早期検知、ビル管理セキュリティソリューション「SCADAfence Platform」発売(日立ソリューションズ) 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

AIで不審な通信を早期検知、ビル管理セキュリティソリューション「SCADAfence Platform」発売(日立ソリューションズ)

株式会社日立ソリューションズは7月8日、ビルの制御システムやIoT機器のセキュリティ対策と効率的な運用管理を支援するビル管理セキュリティソリューション「SCADAfence Platform」を同日から販売すると発表した。

「インシデント分析」と「アノマリー検知」を組み合わせAIが危険をスコアリング(サイバーフォートレス) 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

「インシデント分析」と「アノマリー検知」を組み合わせAIが危険をスコアリング(サイバーフォートレス)

株式会社サイバーフォートレスは7月9日、他社のSIEM製品とも連携可能なセキュリティ特化型AI「SPIDER TM AI Edition」を発売したと発表した。

顔写真用いたバイパス対策、顔認証にAI利用の「まばたき」検知機能(両備システムズ) 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

顔写真用いたバイパス対策、顔認証にAI利用の「まばたき」検知機能(両備システムズ)

両備システムズは、多要素認証、シングルサインオンに対応した認証セキュリティソリューション「ARCACLAVIS Ways(アルカクラヴィス ウェイズ)」の最新バージョン6.6を開発し、7月より提供を開始すると発表した。

台湾HITCON創設メンバーの企業製品、MITRE ATT&CK評価で好成績(CyCraft Japan) 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

台湾HITCON創設メンバーの企業製品、MITRE ATT&CK評価で好成績(CyCraft Japan)

CyCraft Japanは、米MITRE社による「MITRE ATT&CKフレームワーク評価」最新ラウンドの結果、CyCraftの「CyCraft AIR プラットフォーム」が検知分野で最高スコアを獲得するなど好成績を記録したと発表した。

セキュリティ・キャンプ修了生が起業した AI セキュリティ企業が資金調達(ChillStack) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

セキュリティ・キャンプ修了生が起業した AI セキュリティ企業が資金調達(ChillStack)

ChillStackは、ディープコアを引受先とする第三者割当増資により、3,000万円の資金調達を実施したと発表した。

AIのサイバー攻撃対策共同研究、5月にもトレーニング提供(MBSD、ChillStack) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

AIのサイバー攻撃対策共同研究、5月にもトレーニング提供(MBSD、ChillStack)

三井物産セキュアディレクションとChillStackは、AIの開発・提供・利用を安全に行うためのAIを守る技術に関する共同研究を開始したと発表した。

3社共同 IT / IoT セキュリティ人材育成プログラム開発(NEC、JAIST、CRIC) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

3社共同 IT / IoT セキュリティ人材育成プログラム開発(NEC、JAIST、CRIC)

NECは、IT/IoTセキュリティ人材育成プログラムの開発事業を厚生労働省から受託し、JAIST、CRICとともに同教育プログラムを開発したと発表した。

米海軍主催 AI のサイバー利用コンテストで優勝(ファイア・アイ) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

米海軍主催 AI のサイバー利用コンテストで優勝(ファイア・アイ)

ファイア・アイは、AI ATACコンテストにおいて、FireEyeエンドポイント・セキュリティが優勝し、10万ドルの賞金を獲得したと発表した。

人間のアナリストの分析をAIが再学習、精度を向上(TwoFive) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

人間のアナリストの分析をAIが再学習、精度を向上(TwoFive)

TwoFiveは、米PatternEx社と国内販売代理店契約を締結し、人工知能(AI)を活用した情報セキュリティソリューション「PatternEx Virtual Analyst Platform」を提供開始すると発表した。

サイバー脅威インテリジェンス分析プラットフォームをバージョンアップ(サイファーマ) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

サイバー脅威インテリジェンス分析プラットフォームをバージョンアップ(サイファーマ)

サイファーマは、人工知能(AI)と機械学習エンジン駆動のクラウド型のサイバー脅威インテリジェンス分析プラットフォーム(CAP)の新バージョンv2.0をリリースしたと発表した。

脅威対策を補完するAI搭載マルウェア検出エンジン(チェック・ポイント) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

脅威対策を補完するAI搭載マルウェア検出エンジン(チェック・ポイント)

チェック・ポイントは、人工知能(AI)ベースの新たなマルウェア検出エンジンを脅威対策ソリューションの「SandBlast Network」に追加したと発表した。

ダークウェブからAIで情報収集(DTRS、IISEC) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

ダークウェブからAIで情報収集(DTRS、IISEC)

DTRSは、IISECと「人工知能を用いたダークウェブからのインテリジェンス抽出手法の研究」を共同で開始したと発表した。

[対談] 人工知能は重要経営課題となったサイバーリスクに対抗できるか 画像
特集 ScanNetSecurity

[対談] 人工知能は重要経営課題となったサイバーリスクに対抗できるかPR

企業のリスクマネジメントの専門家である ACEコンサルティング株式会社 白井 邦芳 氏と、SCSK株式会社の西廣 恭太 氏の二人は、この被害を、企業を取り巻くリスクとその対策が迎えている大きな転換点と捉えている。

人工知能に半信半疑の方こそ来てほしい(Cylance Japan) [Security Days Fall 2017 インタビュー] 画像
研修・セミナー・カンファレンス ScanNetSecurity

人工知能に半信半疑の方こそ来てほしい(Cylance Japan) [Security Days Fall 2017 インタビュー]PR

デモは今回のセミナーの目玉です。サイバー犯罪者の間で出回るRansomeware as a Service(RaaS)を利用して、講演中に皆様の目の前でランサムウェアの亜種を作成し、Cylance PROTECTが検知できるかどうかというライブを行います。

  1. 1
  2. 2
Page 1 of 2
★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×