デジタル庁「テキスト生成 AI 利活用におけるリスクへの対策ガイドブック(α版)」公開 | ScanNetSecurity
2024.06.23(日)

デジタル庁「テキスト生成 AI 利活用におけるリスクへの対策ガイドブック(α版)」公開

 デジタル庁は5月29日、「テキスト生成AI利活用におけるリスクへの対策ガイドブック(α版)」を公開した。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー

 デジタル庁は5月29日、「テキスト生成AI利活用におけるリスクへの対策ガイドブック(α版)」を公開した。

 生成AIを用いる際の行政業務における指針としては、総務省の「広島AIプロセス」や「AI事業者ガイドライン」があるが、「テキスト生成AI利活用におけるリスクへの対策ガイドブック(α版)」ではこれらの指針を踏まえ、生成AIの中でテキスト生成AIとその利活用に焦点を当て、政府調達で考慮する点について、より具体的なリスクと対策についての技術的なレポートをまとめている。

 同ガイドブックの特徴は下記の通り。

・テキスト生成AIのサービス開発者と提供者を対象
実際の業務でやりとりする情報の多くはテキスト情報である。

・テキスト生成AIの利用形態、想定ユースケースや工程による分類
利用形態とユースケースの違いを意識し、デジタル・ガバメント推進標準ガイドライン実践ガイドブックで定義されている工程に応じたリスクや留意点を挙げている。

・検証により判明したリスクや留意点を可能な限り記載
検証を進めていく中で発見した想定リスクについては可能な限り記載。

 同ガイドブックはPDF 59ページで構成され、Webからダウンロード可能。

 同庁では今後、正式版としての公開に向け、定期的に内容の拡充・改善を図る。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×