テーマは「AI 社会とインターネット」 Interop Tokyo 2024、幕張メッセで 6/12-14 開催 | ScanNetSecurity
2024.07.15(月)

テーマは「AI 社会とインターネット」 Interop Tokyo 2024、幕張メッセで 6/12-14 開催

 同イベントでは、アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 Data&AIソリューション本部 機械学習ソリューションアーキテクトの大渕麻莉氏による「生成AIの本番利用における課題とその解決策~ AWSで実現する「責任あるAI」~」などの基調講演が行われる。

研修・セミナー・カンファレンス
Interop Tokyo 2023 会場俯瞰

 株式会社ナノオプト・メディアは5月22日、IT総合イベント「 Interop Tokyo 2024 」を6月12日(水)から6月14日(金)に幕張メッセで開催すると発表した。

 「 Interop Tokyo 2024 」は「 AI 社会とインターネット」をテーマに、6月12日から6月14日の期間に千葉県千葉市の幕張メッセで開催する。より技術的側面にフォーカスし、そのビジネス活用への道標を示す「Interop Tokyoカンファレンス」も同じく、6月12日から6月14日に幕張メッセ内の国際会議場で開催となる。

 同イベントでは、アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 Data&AIソリューション本部 機械学習ソリューションアーキテクトの大渕麻莉氏による「生成AIの本番利用における課題とその解決策~ AWSで実現する「責任あるAI」~」や、ソフトバンク株式会社 専務執行役員 兼 CIOの牧園啓市氏による「ソフトバンクの戦略 次世代社会インフラ構築と生成AIの事業展開(仮)」、北海道知事の鈴木直道氏による「デジタル北海道~未来技術を活用し、北海道から世界へ~(仮)」などの基調講演が行われる。

■ Interop Tokyo 2024 概要
 日時:2024年6月12日~14日10:00~18:00(14日のみ17:00まで)/基調講演:9:30~
 会場:幕張メッセ 国際展示場 展示ホール2~6
 参加企業・団体数:約500社・団体(同時開催展含む)
 参加方法:公式サイト(https://www.interop.jp/)からの事前登録または招待券持参で参加無料

《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

研修・セミナー・カンファレンス アクセスランキング

  1. 「経産省 営業秘密官民フォーラム」IPA 資料公開、内部不正対策ほか

    「経産省 営業秘密官民フォーラム」IPA 資料公開、内部不正対策ほか

  2. 7/30 開催「クラウドセキュリティのシフトレフト」実現 ~ SHIFT SECURITY が CNAPP 導入方法解説

    7/30 開催「クラウドセキュリティのシフトレフト」実現 ~ SHIFT SECURITY が CNAPP 導入方法解説

  3. 攻撃者のあの手この手、リアルな攻撃&リアルな現状を知る専門家が警鐘を鳴らす ~ JPAAWG 6th General Meeting レポート

    攻撃者のあの手この手、リアルな攻撃&リアルな現状を知る専門家が警鐘を鳴らす ~ JPAAWG 6th General Meeting レポート

  4. パナソニック他 大手が続々「Cloudbase」を採用、日本人が日本企業のために作るクラウドセキュリティプラットフォーム

  5. 注目はハードウェア防御、そして安全保障へのシフト ~ FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2021 注目セッション

  6. NECソリューションイノベータが提供する「ゼロトラスト」のレシピと製法 ~ 3/23 オンラインセミナー開催

  7. サイバー攻撃 はじまりはいつも OSINT ~ 日本ハッカー協会 杉浦氏講演

  8. 「引っかかるのは当たり前」が前提、フィッシングハンターが提案する対策のポイント ~ JPAAWG 6th General Meeting レポート

  9. 第20回「情報セキュリティ文化賞」受賞者決定、NTTコミュニケーションズ小山覚氏ほか4名

  10. 「10年後の予測より今足元にある課題解決」~ 情シス信頼のブランド ソリトンシステムズ Security Days Spring 2024 四講演紹介

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×