【画像】個人特性を考慮し3時間後の熱中症リスクを10分で評価する技術を開発(東北大学サイバーサイエンスセンター、日本気象協会他) (4/4)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.22(火)

個人特性を考慮し3時間後の熱中症リスクを10分で評価する技術を開発(東北大学サイバーサイエンスセンター、日本気象協会他) 4枚目の写真・画像

製品・サービス・業界動向

編集部おすすめの記事

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. ルートゾーンKSKの情報更新など呼びかけ、期限は9月19日まで(総務省)

    ルートゾーンKSKの情報更新など呼びかけ、期限は9月19日まで(総務省)

  2. 3DS「ドラクエXI」に第三者が違法にデータ改ざんしたヨッチ族を確認(スクウェア・エニックス)

    3DS「ドラクエXI」に第三者が違法にデータ改ざんしたヨッチ族を確認(スクウェア・エニックス)

  3. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

    自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  4. 顔認証システムの現状、顔写真を使った「なりすまし」も3Dデータ照合で防ぐ

  5. ここが危ないインターネット クレジットカードの落とし穴

  6. クレディア、約1万3千件の不成立顧客情報が流出

  7. 「クイズで学ぶ情報セキュリティ対策」を公開 他(ダイジェストニュース)

  8. オープンソース侵入検知システム「snort」の有償サポートを開始

  9. 法人向けのリモートアクセスサービス「CACHATTO」を販売開始(CTCSP)

  10. セキュリティ関連機器・システム/サービス市場、2019年には5,570億円に(富士経済)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×