秋田県大曲市立大曲中学校、元生徒約100人分の個人情報が流出 | ScanNetSecurity
2021.07.30(金)

秋田県大曲市立大曲中学校、元生徒約100人分の個人情報が流出

 秋田県大曲市の市立大曲中学校で、同校元生徒の個人情報が流出していたとが判明した。流出した個人情報は、1998〜2003年度ごろの元生徒の持病に関する一覧表、試験成績一覧表、3年生の進路希望調査などで、印刷された情報が同市内の報道機関に郵送された。同校によると

製品・サービス・業界動向 業界動向
 秋田県大曲市の市立大曲中学校で、同校元生徒の個人情報が流出していたとが判明した。流出した個人情報は、1998〜2003年度ごろの元生徒の持病に関する一覧表、試験成績一覧表、3年生の進路希望調査などで、印刷された情報が同市内の報道機関に郵送された。同校によると、生徒の成績や進路などの情報を学年ごとに職員室の3台のPC台で管理しており、昨年2月にPCを更新する以前は外部からの不正侵入も可能だったという。


秋田県大曲市立大曲中学校
http://www.obako.or.jp/kyokutyu/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×