救助活動支援を目的に被災地の災害状況を可視化(狭域防災情報サービス協議会) 2枚目の写真・画像 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.19(金)

救助活動支援を目的に被災地の災害状況を可視化(狭域防災情報サービス協議会) 2枚目の写真・画像

 狭域防災情報サービス協議会は8日、「被災状況マップ」を試験公開した。救助活動支援を目的として被災地の災害状況を可視化し、災害発生後の一定期間は無償提供する。

製品・サービス・業界動向
本システムの開発は被災時に流出家屋の同定が困難で救助活動が難航したという背景がある。今後はメールによる通知機能なども実装予定としている(画像は同Webより)。
本システムの開発は被災時に流出家屋の同定が困難で救助活動が難航したという背景がある。今後はメールによる通知機能なども実装予定としている(画像は同Webより)。

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×