【画像】SSDに対応したデータ消去ツールの発売、全20の消去方式を標準で搭載(アドバンスデザイン) (1/2)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.09.22(金)

SSDに対応したデータ消去ツールの発売、全20の消去方式を標準で搭載(アドバンスデザイン) 1枚目の写真・画像

製品・サービス・業界動向

SSDとHDDでは最適な消去方法が異なる。SSDやUEFIなど最新の環境に対応している点は大きな特徴だ(画像は同社リリースより)。
SSDとHDDでは最適な消去方法が異なる。SSDやUEFIなど最新の環境に対応している点は大きな特徴だ(画像は同社リリースより)。

編集部おすすめの記事

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  2. 30年度サイバーセキュリティ政府予算730億円、防衛省と厚労省が各45億円超(NISC)

    30年度サイバーセキュリティ政府予算730億円、防衛省と厚労省が各45億円超(NISC)

  3. JIPDECのマークを採用、自治体に普及するメール無害化ソリューションに(クオリティア)

    JIPDECのマークを採用、自治体に普及するメール無害化ソリューションに(クオリティア)

  4. 匿名者が社員の個人情報を記録したUSBメモリを拾得(VSNマイスト)

  5. マルウェア侵入の検知を高精度化するAI技術を開発、侵入前後の違いを検知(富士通研究所)

  6. 顔認証システムの現状、顔写真を使った「なりすまし」も3Dデータ照合で防ぐ

  7. 2016年の標的型攻撃向け特化型対策製品市場は120億円、2021年には318億円に(IDC Japan)

  8. コネクテッドカーのセキュリティを確保するためのモジュールを共同開発(カスペルスキー、ドイツAVL)

  9. ディープラーニングを採用したイスラエルのエンドポイント保護製品を発売(アズジェント)

  10. 能力のないサーバ管理者 サーバモンキーはネットセキュリティの危険因子

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×