SSDに対応したデータ消去ツールの発売、全20の消去方式を標準で搭載(アドバンスデザイン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

SSDに対応したデータ消去ツールの発売、全20の消去方式を標準で搭載(アドバンスデザイン)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 アドバンスデザインは2日、SSDに対応したデータ消去ツール「DataSweeper2 Handy」の発売を開始した。リースPC返却時のデータ消去に最適として、国内のリース業者やデータ消去サービス企業、IT保守サービス企業などでの利用を想定している。

 「DataSweeper2 Handy」は手のひらに収まるサイズのHDD/SSD消去ツールで、PCのUSBポートに接続するだけでデータ消去を行うことができるというもの。従来モデルと同様に高信頼のデータ消去方式である「世界標準規格8消去方式」を含む、全20の消去方式を標準で搭載している。

 新機能としてWindows8/8.1搭載PCなどのUEFI(Unified Extensible Firmware Interface)に対応。1回の操作で複数のHDDおよびSSDを自動識別し、同時並列消去にも対応している。また、簡易S.M.A.R.T診断機能や消去作業リスト一覧表作成機能などもあり、さまざまな消去証跡を残すことも可能だ。

SSDに対応したデータ消去ツール「DataSweeper2 Handy」が登場

《宮崎崇@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×