【画像】Google Playから他のアプリをダウンロードしインストールする危険な国内ユーザー向けアプリの存在を公表(マカフィー) (1/6)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.25(土)

Google Playから他のアプリをダウンロードしインストールする危険な国内ユーザー向けアプリの存在を公表(マカフィー) 1枚目の写真・画像

脆弱性と脅威

選択された5個のアプリがGoogle Playから自動インストールされる
選択された5個のアプリがGoogle Playから自動インストールされる

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. BIOSを感染させる「Trojan.Bioskit.1」を検出(Dr.WEB)

    BIOSを感染させる「Trojan.Bioskit.1」を検出(Dr.WEB)

  2. 8以降のWindowsに、特定のメモリアドレスのコードを悪用される脆弱性(JVN)

    8以降のWindowsに、特定のメモリアドレスのコードを悪用される脆弱性(JVN)

  3. スマートフォンアプリ「mobiGate」に通信を盗聴される脆弱性(JVN)

    スマートフォンアプリ「mobiGate」に通信を盗聴される脆弱性(JVN)

  4. WPA2の脆弱性「KRACKs」に注意喚起、通信を盗聴される可能性(JVN)

  5. auショップなどで提供の無線LANルータ「HOME SPOT CUBE」に複数の脆弱性(JVN)

  6. Ubuntu のクラッシュレポート機能 (Apport) により権限昇格されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

  7. ソニーの複数のファイル管理ツールに任意コード実行の脆弱性(JVN)

  8. 「GNU Wget」にリモートから任意のコードを実行される複数の脆弱性(JVN)

  9. Microsoft Windows の Secondary Logon サービスにおいて要求ハンドルの取り扱い不備により高い権限で任意のコードが実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

  10. セキュリティホール情報<2004/01/30>

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×