【画像】Windows Azure「コンピューティング集中型インスタンス」A8およびA9正式運用開始、科学技術計算や創薬研究用途(日本マイクロソフト) (4/5)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.23(月)

Windows Azure「コンピューティング集中型インスタンス」A8およびA9正式運用開始、科学技術計算や創薬研究用途(日本マイクロソフト) 4枚目の写真・画像

製品・サービス・業界動向

Azureクラスター構成の種類
Azureクラスター構成の種類

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 初回の問い合わせが無償のインシデントレスポンス対応窓口を開設(マクニカネットワークス)

    初回の問い合わせが無償のインシデントレスポンス対応窓口を開設(マクニカネットワークス)

  2. サイバー攻撃の観測レポートや注意喚起情報などをブログ形式で発信(IIJ)

    サイバー攻撃の観測レポートや注意喚起情報などをブログ形式で発信(IIJ)

  3. IoTとAIを組み込んだスマートマンション、そのサイバーセキュリティを探る(インヴァランス)

    IoTとAIを組み込んだスマートマンション、そのサイバーセキュリティを探る(インヴァランス)

  4. IT統合管理ソフトウェア「AssetView」の新版、ランサムウェア対策など搭載(ハンモック)

  5. 子どもたちが怪しいサイトやアプリを見抜けるよう啓発教材を共同開発(カスペルスキー、静岡大学)

  6. 米Intertrust社と提携、スマートフォンアプリのセキュリティ分野に参入(兼松)

  7. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  8. Webアプリケーション脆弱性診断サービス販売強化(セコムトラストシステムズ)

  9. 来年度からは「日・ASEANサイバーセキュリティ政策会議」として継続(NISC)

  10. 法人向けランサムウェア対策ツールを無償提供(カスペルスキー)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×