Windows Azure「コンピューティング集中型インスタンス」A8およびA9正式運用開始、科学技術計算や創薬研究用途(日本マイクロソフト) | ScanNetSecurity
2021.09.28(火)

Windows Azure「コンピューティング集中型インスタンス」A8およびA9正式運用開始、科学技術計算や創薬研究用途(日本マイクロソフト)

 日本マイクロソフトは1月31日、パブリッククラウドサービスであるWindows Azureのクラウドサービスに「コンピューティング集中型インスタンスA8」および「同A9」を追加し、正式サービスとして提供を開始した。

製品・サービス・業界動向 ダイジェストニュース
 日本マイクロソフトは1月31日、パブリッククラウドサービスであるWindows Azureのクラウドサービスに「コンピューティング集中型インスタンスA8」および「同A9」を追加し、正式サービスとして提供を開始した。

 「コンピューティング集中型インスタンス」は、リスク管理/保険数理計算、CAE(Computer Aided Engineering)、レンダリング、科学技術計算、創薬研究など、非常に高い数値計算能力とネットワーク能力が求められるアプリケーションの実行に適した環境だ。「A8」「A9」は、処理能力を高めるため、より高速なプロセッサ、多数の仮想コア、大量のメモリを搭載した構成。A8は仮想コア数が8、RAMが56GB、A9は仮想コア数が16、RAMが112GBとなる。

 40GbpsのInfiniBandネットワークも搭載しており、リモート ダイレクト メモリ アクセス(RDMA)テクノロジによって、並列Message Passing Interface(MPI) アプリケーションの効率を最大限に高めることが可能となっている。またWindows HPCテクノロジーもサポートしている(HPC Pack 2012 R2)。

 価格は、A8が1時間あたり203.45円(月額15万1365円)、A9が1時間あたり406.90円(月額30万2729)。

日本MS、Windows Azure「コンピューティング集中型インスタンス」A8およびA9正式運用開始

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×