【画像】「許可されていないファイル共有ツール」を従業員の約3割が使用(トレンドマイクロ) (3/3)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.16(土)

「許可されていないファイル共有ツール」を従業員の約3割が使用(トレンドマイクロ) 3枚目の写真・画像

調査・レポート・白書

あなたは、会社・組織が指定している業務ファイルの共有ツールは、社外とファイル共有を行うツールとして十分だと考えていますか?そうではない場合、不十分と考える理由を全て選択してください
あなたは、会社・組織が指定している業務ファイルの共有ツールは、社外とファイル共有を行うツールとして十分だと考えていますか?そうではない場合、不十分と考える理由を全て選択してください

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. 最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

    最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

  2. RAT「Poison Ivy」に復活の兆し--FireEyeがレポート(ファイア・アイ)

    RAT「Poison Ivy」に復活の兆し--FireEyeがレポート(ファイア・アイ)

  3. ランサムウェアの被害件数は前年から約3.5倍、検出台数は約9.8倍に(トレンドマイクロ)

    ランサムウェアの被害件数は前年から約3.5倍、検出台数は約9.8倍に(トレンドマイクロ)

  4. 2016年度の国内SIEM市場は39.8億円、2021年度には66億円規模へ(ITR)

  5. 公共の場所の監視カメラ調達などに活用、ネットワークカメラのセキュリティ対策基準公開(IPA)

  6. コミュニティサイトの被害に遭った子どもの9割以上がフィルタリングを利用せず(警察庁)

  7. 約1/4のユーザ、個人クラウドに会社の重要な情報やパスワードを保存(フォーティネット)

  8. 2013年4月の学校裏サイトの監視結果を公表、検出数は120校(東京都教育委員会)

  9. 「Censys」の利用方法などを解説した改訂版を公開--テクニカルウォッチ(IPA)

  10. 8割が検索経由でショッピング。悪意のあるサイトに誘導の可能性も(エフセキュア)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×