【画像】日本は感染率は低いが、深刻度の高い感染が多い--マイクロソフトレポート(マイクロソフト) (6/6)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.19(土)

日本は感染率は低いが、深刻度の高い感染が多い--マイクロソフトレポート(マイクロソフト) 6枚目の写真・画像

調査・レポート・白書

ワールドワイドに比べ、日本は「アドウェア」が多く検出されている
ワールドワイドに比べ、日本は「アドウェア」が多く検出されている

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. 2016年の個人情報漏えい調査、件数の減少は小規模漏えいの非公表化か(JNSA)

    2016年の個人情報漏えい調査、件数の減少は小規模漏えいの非公表化か(JNSA)

  2. 最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

    最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

  3. 高校生のAndroid端末保有者62人中セキュリティアプリの起動確認できたのは22人(MMD研究所)

    高校生のAndroid端末保有者62人中セキュリティアプリの起動確認できたのは22人(MMD研究所)

  4. エンドポイント対策の導入率は9割以上、しかし他は2割以下--利用実態調査(ノークリサーチ)

  5. 「学校施設の防災機能に関する実態調査」の結果を公表、整備を進めるにあたって多くの課題も(国立教育政策研究所)

  6. Twitterのアカウントを作り直した女子高生は28%、理由として「勝手に私のアカウントでつぶやかれていたので乗っ取られたのではないかと思った」等も(リビジェン)

  7. 2015年の情報セキュリティ市場は8,965億円、2017年度には9千億円超えに(JNSA)

  8. ランサムウェア、オンライン銀行詐欺ツールが過去最大--四半期レポート(トレンドマイクロ)

  9. 2016年の個人情報漏えい、「紛失・置き忘れ」原因が大きく後退(JNSA)

  10. ツールの導入は進むも活用しきれていない日本--グローバル調査(プライスウォーターハウスクーパース)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×