脆弱性件数は減少傾向、ただしCMS関連の被害が増加--IPA四半期レポート(IPA) 2枚目の写真・画像 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.15(木)

脆弱性件数は減少傾向、ただしCMS関連の被害が増加--IPA四半期レポート(IPA) 2枚目の写真・画像

IPAは、2012年第2四半期における「ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する届出状況」を発表した。

調査・レポート・白書
製品種類の分類では「Webアプリケーションソフト」が最も多く、脅威で分類すると「任意のスクリプトの実行」が最も多かった
製品種類の分類では「Webアプリケーションソフト」が最も多く、脅威で分類すると「任意のスクリプトの実行」が最も多かった

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×