【画像】iPhoneアプリの閲覧履歴データ取得理由を説明、無断取得の指摘受け(ビューン) (2/2)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.19(木)

iPhoneアプリの閲覧履歴データ取得理由を説明、無断取得の指摘受け(ビューン) 2枚目の写真・画像

インシデント・事故

ビューンによる発表
ビューンによる発表

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. 「InDesign」を無断複製し販売した男性を逮捕、「自由になるお金が欲しかった」(ACCS)

    「InDesign」を無断複製し販売した男性を逮捕、「自由になるお金が欲しかった」(ACCS)

  2. オンラインRPG『真・女神転生IMAGINE』フィッシング、登録有無に関係ないスパム横行

    オンラインRPG『真・女神転生IMAGINE』フィッシング、登録有無に関係ないスパム横行

  3. 中学生になりすまし「アメーバピグ」にアクセスした小4児童を補導(福井県警察)

    中学生になりすまし「アメーバピグ」にアクセスした小4児童を補導(福井県警察)

  4. 12,439件のお客さま情報が入った業務用パソコンが盗難被害(東京ガス、キャプティ)

  5. アルインコのWebサーバに不正アクセス、改ざんおよび顧客情報が流出(アルインコ)

  6. RSA、RSA SecurIDユーザサポートに関する報道内容に対し訂正を公表(EMCジャパン)

  7. 「X-TRAIL」に類似した名称の商品をネットオークションで販売、男性を逮捕(ACCS)

  8. 中古PCに複製したWindows XPやOfficeをインストールし販売、逮捕(BSA)

  9. 外部からの不正アクセスにより最大1,160件のクレジットカード情報が流出(光文社)

  10. 顧客の個人情報を記録した営業用のノートや手帳を紛失(かんぽ生命保険)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×