「TRINUS STORE」への不正アクセスでカード情報が漏えい、「Adminer」の設置でDB内の顧客情報も被害の可能性 | ScanNetSecurity
2024.07.13(土)

「TRINUS STORE」への不正アクセスでカード情報が漏えい、「Adminer」の設置でDB内の顧客情報も被害の可能性

 株式会社TRINUSは3月22日、同社が運営する「TRINUS STORE」への不正アクセスによる個人情報漏えいについて発表した。

インシデント・事故
トップページ
  • トップページ
  • リリース(弊社が運営していた「TRINUS STORE」への不正アクセスによる個人情報漏えいに関するお詫びとお知らせ)
  • リリース(経緯)
  • リリース(お客様へのお願い)
  • リリース(再発防止策ならびに弊社が運営するサイトの再開について)

 株式会社TRINUSは3月22日、同社が運営する「TRINUS STORE」への不正アクセスによる個人情報漏えいについて発表した。

 これは2022年7月27日に、一部のクレジットカード会社から「TRINUS STORE」を利用した顧客のカード情報の漏えい懸念について連絡があり、同日中に当該サイトでのカード決済を停止し、第三者調査機関による調査を行ったところ、当該サイトのシステムの一部の脆弱性を突いたことによる第三者の不正アクセスでペイメントアプリケーションの改ざんが行われたことが原因で顧客のカード情報が漏えいし、一部カードが不正利用された可能性を2022年11月9日に完了した調査結果で確認したというもの。


《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. 東証プライム上場企業運営「PR TIMES」に虚偽情報による企業登録、2 件のプレスリリース掲載

    東証プライム上場企業運営「PR TIMES」に虚偽情報による企業登録、2 件のプレスリリース掲載

  2. パルグループのサーバに不正アクセス、ポイント反映に影響

    パルグループのサーバに不正アクセス、ポイント反映に影響

  3. イセトーへのランサムウェア攻撃で豊田市の推定 42 万人分の個人情報が漏えい、被害発生時は契約に基づき対応

    イセトーへのランサムウェア攻撃で豊田市の推定 42 万人分の個人情報が漏えい、被害発生時は契約に基づき対応

  4. NTTデータグループ ルーマニア拠点に不正アクセス、ランサムウェアによる攻撃の可能性含め解析を進める

  5. 離席時をねらい業務用端末を不正使用、親族の税情報ほか閲覧(大阪市)

  6. 「悪質な情報拡散を行う者には徹底的な法的措置」KADOKAWA グループへのランサムウェア攻撃

  7. イセトーへのランサムウェア攻撃、リークサイトにダウンロード URL 出現も現在はファイルが消失

  8. KADOKAWA グループへのランサムウェア攻撃、角川ドワンゴ学園に関する一部情報も漏えい

  9. 16 桁ランダム文字列パスワード突破か 広島県のメールアドレスアカウントでスパム配信

  10. 護衛艦いなづまの艦長、資格のない隊員を特定秘密取扱職員に指名し懲戒処分

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×