インターネット接続サービス利用者に無料で不正通信ブロックサービスを提供(NTT.Com) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.24(水)

インターネット接続サービス利用者に無料で不正通信ブロックサービスを提供(NTT.Com)

NTT.Comは、インターネット接続サービス「OCN」の利用者などを対象に、「マルウェア不正通信ブロックサービス」を無料で提供開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
NTTコミュニケーションズ株式会社(NTT.Com)は2月1日、インターネット接続サービス「OCN」の利用者などを対象に、「マルウェア不正通信ブロックサービス」を同日より無料で提供開始したと発表した。同サービスは、マルウェアが外部のC&Cサーバと通信を行おうとした際に、通信の内容(宛先情報)からそれを検知し、アクセスを遮断することでユーザの被害を防ぐというもの。

申し込みや設定は不要で、利用料金は無料。同サービスによってマルウェア感染が検知されたユーザに対しては、同社から通知が行われる。なお、検知や社団のために参照する情報は業界団体のガイドラインに準じており、通信の宛先情報のみとなる。同サービスのように、通信の宛先情報に基づいて不正な通信をブロックするサービスを提供することは、国内のISP事業者として初めての試みとなる。なお、対象サービスには法人向けのサービスも含まれる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×