「おうちのCSIRT」を目指す「情報セキュリティハンドブック」を公開(NISC) | ScanNetSecurity
2021.09.26(日)

「おうちのCSIRT」を目指す「情報セキュリティハンドブック」を公開(NISC)

NISCは、「情報セキュリティハンドブック」を公開した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は2月1日、「情報セキュリティハンドブック」を公開したと発表した。同ハンドブックはネットワークビギナーを対象に、身近な話題からサイバーセキュリティに関する基本的な知識を紹介し、学んでいくことを目的としたもの。また、家族や仲間、サークルなどで最初のセキュリティに詳しい人(おうちのCSIRT)になり、周囲にサイバー攻撃の怖さやセキュリティの大切さを広めて欲しいとしている。

今回公開されたのは第1章「基本のセキュリティ~ステップバイステップでセキュリティを固めよう!」のみで、「4つのポイントでセキュリティを守る」「環境を最新に保つ、セキュリティソフトを導入する」「複雑なパスワードと多要素認証で侵入されにくくする」「攻撃されにくくするには、手間(コスト)がかかるようにする」「心の隙を作らないようにする(対ソーシャルエンジニアリング)」という構成となっている。全34ページのPDFファイルとなっており、無償でダウンロードできる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×