遠隔操作ウイルスの指令に、検出が難しいDNSを使用する攻撃を確認(ラック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.06.23(金)

遠隔操作ウイルスの指令に、検出が難しいDNSを使用する攻撃を確認(ラック)

脆弱性と脅威 脅威動向

株式会社ラックは2月1日、遠隔操作ウイルスに対する指令の伝達手段としてDNS(Domain Name System)パケットを悪用する事案を初めて確認し、注意喚起情報として公開した。これは、同社が運営する緊急対応サービス「サイバー119」で調査した複数の案件で確認されたもの。PCで動作している不審なソフトウェアを調査したところ、企業内の情報を盗み出す目的で使用される遠隔操作ウイルス(RAT)であることが判明した。

このRATを解析したところ、攻撃者との指令伝達にDNSの通信を使用するDNSトンネリングとも言われる手口であることが確認されたという。同社が緊急対応した事案で、この手口が使用されたケースは初となる。攻撃者は、DNSサーバを模した指令サーバ(C2サーバやC&Cサーバとも呼ばれる)を構築し、企業内部で活動する遠隔操作ウイルスが、通常のDNS要求を模したリクエストを指令サーバのドメインに送り、指令の伝播を実現していた。

DNSは、インターネット接続機能を持つ機器には必須の技術であるため、影響を受ける機器が非常に多い。また、DNSサービスへのアクセスを防ぐためには、攻撃者が用意したDNSサーバのドメイン名を知る必要がある上に、知っていてもアクセスの制限が難しい。さらに、DNSの動作履歴をログとして記録している企業はほとんどなく、不正なDNSアクセスに気づきにくい。同社では、対応は困難であるが不正なDNS通信があるかどうかを調査し、検出された場合には速やかに対策を行う必要があるとしている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 「Apache Tomcat」に、エラーページの削除や上書きが行われる脆弱性(JVN)

    「Apache Tomcat」に、エラーページの削除や上書きが行われる脆弱性(JVN)

  2. 「WannaCry」関連の攻撃ツールによるアクセスが増加(警察庁)

    「WannaCry」関連の攻撃ツールによるアクセスが増加(警察庁)

  3. シノアリスのメンテナンスを強制的に解除すると詐称、連携するとアカウント乗っ取り等の可能性(スクウェア・エニックス)

    シノアリスのメンテナンスを強制的に解除すると詐称、連携するとアカウント乗っ取り等の可能性(スクウェア・エニックス)

  4. 「Apache HTTP Web Server」に複数の脆弱性、アップデートを呼びかけ(JVN)

  5. 自動運転の 3 つのセキュリティ課題を解決する「攻撃者視点」とは

  6. ランサムウェア「Wanna Cryptor」が世界中で猛威、業務開始前に対策を(IPA)

  7. Samba における IPC 通信処理の不備により悪意のあるライブラリファイルを読み込ませることが可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  8. 自己解凍書庫ファイルなどWindowsアプリケーションに複数の脆弱性(JVN)

  9. 「Tera Term」のインストーラに、任意のコードを実行される脆弱性(JVN)

  10. 複数のWiMAXルータに、デバイスの管理者権限を取得される脆弱性(JVN)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×