Movable Typeで任意のコードが実行される脆弱性の検証レポート(NTTデータ先端技術) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

Movable Typeで任意のコードが実行される脆弱性の検証レポート(NTTデータ先端技術)

NTTデータ先端技術は、Movable Typeに発見されたリモートから任意のコードを実行される脆弱性に関する検証レポートを公開した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
NTTデータ先端技術株式会社は1月28日、Movable Typeに発見されたリモートから任意のコードを実行される脆弱性に関する検証レポートを公開した。本脆弱性(CVE-2013-0209)は、アップグレード関連プログラムであるmt-upgrade.cgiにて使用されている、lib/MT/Upgrade.pm関数のエスケープ処理に不備があるために発生するもの。本脆弱性が悪用されると、攻撃者はターゲットホスト上にて、Webサーバの動作権限で任意のOSのコマンドおよびSQLクエリを実行することが可能になる。同社では、本脆弱性の再現性について検証を行った。

検証は、Debian 6.0.6上のMovable Type 4.38-ja(Webサーバ・データベースを含む)をターゲットシステムとして実施した。ターゲットシステムに細工したHTTPリクエストを送信し、Movable Typeのmt-upgrade.cgiを介してWebサーバの動作権限で任意のコードを実行させる。今回の検証に用いたコードは、ターゲットシステム上から特定のサーバ、ポートへコネクションを確立させるよう誘導し、システムの制御を奪取するもの。これにより、リモートからターゲットシステムを操作可能となる。検証の結果、誘導先のコンピュータ(Windows 7)のターミナル上にターゲットシステム(Debian)のプロンプトが表示され、コマンドを実行した結果が表示されたことから、ターゲットシステムの制御の奪取に成功した。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×