JPCERTがTwitterで情報提供、落ち着いて一次発信者のつぶやきの公式RTを(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

JPCERTがTwitterで情報提供、落ち着いて一次発信者のつぶやきの公式RTを(JPCERT/CC)

脆弱性と脅威 脅威動向

一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は、Webサイトの更新はないもののTwitterで情報提供を続けている。これによると、JPCERT/CCでは未確認だが地震関連の情報を検索エンジンで「英語で」検索すると、上位にウイルスなどの不正プログラムを含むリンクが表示されるという問題が報告されているという。また、米US-CERTが宮城県沖地震に関連したフィッシングや偽アンチウイルスソフトが発生するだろうと注意を呼びかけていることも紹介している。

さらに、災害関連情報を伝達する手段としてTwitterは有効だが、むやみなRTはデマが出回るのを助けることになりかねないとして、落ち着いて読み、一次発信者のつぶやきを公式RTするよう呼びかけている。災害義援金を募るフィッシングメールやスパムに気づいたときは、info@jpcert.or.jpまで連絡することも呼びかけており、JPCERT/CCでは報告を受けてフィッシングサイトの停止、マルウェアを配布しているサーバの停止などのコーディネーションを行うとしている。
(吉澤亨史)

JPCERT/CCのTwitterアカウント
@jpcert
https://twitter.com/jpcert/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×