SCAN DISPATCH : eBayのアカウントを盗む攻撃、出品歴が長く高評価のIDほど高値で売買 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.21(金)

SCAN DISPATCH : eBayのアカウントを盗む攻撃、出品歴が長く高評価のIDほど高値で売買

 SCAN DISPATCH は、アメリカのセキュリティ業界及ハッカーコミュニティから届いたニュースを、狭く絞り込み、深く掘り下げて掲載します。

国際 海外情報
 SCAN DISPATCH は、アメリカのセキュリティ業界及ハッカーコミュニティから届いたニュースを、狭く絞り込み、深く掘り下げて掲載します。

──

 マルウエアに感染した正規Webサイトにユーザーが訪れるだけで、ブラウザが自動的にボットネットマルウエアをダウンロードし、そのマルウエアがユーザーの eBay や PayPal のアカウント情報をブルートフォース(パスワードの総当たり攻撃)するという攻撃ベクターが、イスラエルのアラジン・ノーレッジ・システムズ社によって発見された。

Aladdin Knowledge Systems
http://www.aladdin.com/

 筆者のインタビューに対し、同社「eSafe」のプロダクトマネージャーのオファー・エルザム氏(Ofer Elzam)は「当社製品 eSafe SecureSurfing for ISPs という、ISP側で顧客の HTTP などのトラフィックをリアルタイムでモニターするセキュリティ製品のログで見つかった」この攻撃は、「たぶん中国製」の「非常に複雑な、多層レイヤーのボットネット/マルウエア攻撃ベクター」だそうだ。

 この攻撃はまず、ユーザーが SQLインジェクションの脆弱性を悪用して、iframe攻撃マルウエアに感染されたウエブページを訪れることで始まる。2007年6月の Information Security Bulletin の調査によれば、iframe攻撃は感染されたウエブページの約65%に見つかっているほど、悪用度が高いものである。正規ウエブページは国を限定しておらず、PCWorldのレポートによればイタリアのマイクロソフト・セキュリティ・フォーラムもその一つだそうだ。

 iframeマルウエアはユーザーに見えないフレームを立ち上げて、「自動的に、ユーザーのインプットを必要とせずに」ボットネット・ソフトウエアをダウンロードする。それも、「攻撃を複雑化して(検知を困難にするために)複数の場所から複数のコンポーネントを」ダウンロードするそうだ。

 ユーザーのPCにダウンロードされたマルウエアは、ブルートフォースのパスワードクラッカーとボットネットクライアントを兼用しており、ユーザーが eBay の拡張アプリを使用している「店主」である場合、eBay側のデータベースと直接交信してユーザーネームとパスワードを探り出す。

 その昔、eBay の買い手をだますために、偽ストアを立ち上げるという例が多かったが、現在犯罪者たちが行っているのは、こうした正規店主の情報を盗み出すものだ。

 買い手による「とてもよい」といった多くの評価と、長い歴史を持っている出品者のログイン情報を盗み、ID詐欺を行う。一度盗まれたログイン情報は、ブラックマーケットで売買される。

 オーストラリアのオンライン犯罪の専門家であるピーター・ガットマンは…

【執筆:米国 笠原利香】

※ この記事は Scan購読会員向け記事をダイジェスト掲載しました
購読会員登録案内
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×