サイバー犯罪者の新たなターゲット登場か(2)セキュリティ意識の低いSNSユーザー | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.22(木)

サイバー犯罪者の新たなターゲット登場か(2)セキュリティ意識の低いSNSユーザー

特集 特集

●ネットワーキング・サイトだから騙されやすいユーザー

セキュリティ専門家は、MySpaceのユーザーがフィッシングメールに騙されることが多い理由として、ソーシャル・ネットワーキング・サイトの性格を挙げている。

『Washington Post』が7月、MySpaceではユーザーのガードが低くなる例として、ロブ・ニューランドという男性の話を紹介している。

ニューランドは、スパムメールや、インターネット上をサーフしていて疑わしいポップアップを警戒して避けている。しかし、MySpaceのブログについては、ガードが低くなるという。

MySpaceはソーシャル・ネットワーキングのためのサイトで、ユーザーの目的の1つは新しい人と出会うことだ。だから、警戒を解いてメッセージをたどり、リンクをクリックしてしまう。この攻撃者は掲示板にメッセージをポスティングしていたそうだが、ニューランドの友人リストに入っていた89人全てが騙されて、ユーザー名とパスワードを提供してしまった…

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
この記事には続きがあります。
全文はScan Security Management本誌をご覧ください。

◎有料版Scan申込> http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m02_ssm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×