セキュアシェル (SSH) バグを利用した攻撃に関する追加情報 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.23(月)

セキュアシェル (SSH) バグを利用した攻撃に関する追加情報

国際 海外情報

概要:
 脆弱性を持つセキュアシェル (SSH) サーバーへの攻撃に関し、新しい情報がカーネギーメロン大学のコンピュータ緊急対応センター (CERT/CC) から発表された。

 2001年10月31日、iDEFENSE情報局は、脆弱性を持つSSHサーバーに対するスキャンが明らかに増加していることについて報告した。これは、SSH CRC-32の攻撃手法を取りいれた、新たな攻撃ツールのリリースが原因だと思われる (10/31/01付 ID# 106063参照)。11月5日に CERT/CCは、そのような攻撃がログファイルに書き込まれるシグニチャーについて説明した報告書を発行した:

1.攻撃方法は、「総当たり攻撃 (brute force attack)」の手法を取りいれているようだ
2.攻撃者の行動を隠すため、標準のシステム・ユーティリティファイルを変更する rootkitがインストールされる
3.最新のオープンSSHのソースコードと、攻撃者が作成する変更コードからコンパイルされた、トロイの木馬型の SSHソフトがインストールされる
4.脆弱性な SSHシステムのスキャンを、大型ネットワークブロック単位で実施するツールがインストールされる。このツールが残したログファイルから判断すると、スキャンの実施方法は、sshdへ接続した際に表示されるバナーを見る、という方法のようだ。

情報ソース:
CERT Coordination Center (Incident Note IN-2001-12) Nov. 05, 2001
http://www.cert.org/incident_notes/IN-2001-12.html

分析:
 SSH CRC-32のバグを利用した攻撃は、スタック変数、malloc構造などの変更が可能になる。この攻撃を遠隔から行う為には、SSHデーモンがキー交換シナリオを実行するようなIPアドレスから、TCP接続を実施する必要がある。

検知方法:
 以下の製品が影響を受ける。

Cisco Systems Inc.
Catalyst 6000 6.2(0.110)
IOS 12.0S and 12.1xx-12.2xx
PIX Firewall 5.2(5) and 5.3(1)

SSH Communications Security Ltd.
SSH 1.2.24-1.2.31, and 2.x and 3.x (if SSH Version 1 fallback is enabled)

F-Secure Corp.
SSH versions before 1.3.11-2

OpenSSH
OpenSSH versions before 2.3.0 (if SSH Version 1 fallback is enabled)

OSSH (by Bjoern Groenvall)
OSSH 1.5.7

ベンダー情報:
 SSHの構成を調査した上、パッチを当てる必要性を調べる。また、SSHバージョン1による代替接続 (connection fallback)がまだ使用可能となっているか確認する。SSHバージョン1を使用していなければ、connection fallbackを無効にし、古いsshd バージョン1のバイナリーを取り外す。ユーザーは、SSHバージョン2へアップグレードすることを推奨する。詳細は以下の通り:

・Cisco
 http://www.cisco.com/warp/public/707/SSH-multiple-pub.html
・SSH Communications Security:
 http://www.ssh.com/products/ssh/advisories/ssh1_crc-32.cfm
・F-Secure
 http://www.f-secure.com/support/ssh/
・OpenSSH: OpenSSH 2.9.9,(影響無いと言われているが)
 ftp://ftp.openbsd.org/pub/OpenBSD/OpenSSH/openssh-2.9.9.tgz
・OSSH: Version 1.5.12, (影響無いと言われているが)
 ftp://ftp.pdc.kth.se/pub/krypto/ossh/ossh-1.5.12.tar.gz .


(詳しくはScan本誌をご覧下さい)
http://www.vagabond.co.jp/vv/m-sc.htm

※この情報はiDEFENSE社( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。情報の内容は以下の時点におけるものです
【17:54 GMT、11、6、2001】


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

    搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

  2. セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

    セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

  3. WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

    WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

  4. SMSによる二要素認証が招くSOS(The Register)

  5. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  6. フィッシング詐欺支援サービスの価格表(The Register)

  7. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

  8. Mac OS X のシングルユーザモードの root アクセス(2)

  9. AWS 設定ミスでウォールストリートジャーナル購読者情報他 220 万件流出(The Register)

  10. 「過激派の」Tails や Tor を使っている? おめでとう、あなたは NSA のリストに載っている~Linux 情報サイトの読者や、プライバシーに関心を持つネット市民が標的にされているとの報告(The Register)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×