サイバー戦争(3 ページ目) | ScanNetSecurity
2020.02.18(火)

サイバー戦争(3 ページ目)

一研究者が IPv4 インターネットマップのために 420,000 ノードの違法なボットネットを作り出す~それは数千年間の禁錮刑のリスクを伴う(The Register) 画像
国際 ScanNetSecurity

一研究者が IPv4 インターネットマップのために 420,000 ノードの違法なボットネットを作り出す~それは数千年間の禁錮刑のリスクを伴う(The Register)

「誰もが高度なエクスプロイトやサイバー戦争について話し合っている間に、4 つの単純で馬鹿げたデフォルトの Telnet パスワードは、消費者だけでなく、世界中の数万、数十万の産業用デバイスへのアクセスを可能とした」

Anonymous がハクティビストたちの争いで平和の使者に~ボルネオ島を巡るマレーシア VS フィリピンのオンライン紛争を、Anonymous が仲裁(The Register) 画像
国際 ScanNetSecurity

Anonymous がハクティビストたちの争いで平和の使者に~ボルネオ島を巡るマレーシア VS フィリピンのオンライン紛争を、Anonymous が仲裁(The Register)

「この取るに足らないサイバー戦争は、更なる誤解を引き起こすだけのものだ。我々はこの議論に加わっている人々に対し、それを停止することを促す。

「レッドオクトーバーが五年前から世界のリーダーたちをスパイしている」~セキュリティ研究者たちが発見したサイバースパイマルウェアの新しい風(The Register) 画像
国際 ScanNetSecurity

「レッドオクトーバーが五年前から世界のリーダーたちをスパイしている」~セキュリティ研究者たちが発見したサイバースパイマルウェアの新しい風(The Register)

その攻撃で使われたエクスプロイトは、以前はチベットの活動家、ならびにアジアの軍事やエネルギー部門に対して利用されたものだ。Kaspersky のアナリストは、その攻撃者たちがロシア語のネイティブスピーカーであると考えている。

マルウェアがJAXAのデータ抜き取り、Epsilonの機密情報流出(The Register) 画像
国際 ScanNetSecurity

マルウェアがJAXAのデータ抜き取り、Epsilonの機密情報流出(The Register)

Epsilonプログラムは、日本の宇宙探査と衛星産業に貢献できる先進型の固形燃料ロケットを構築している。しかし残念なことに、その技術は世界中の政府から軍事利用目的の関心を寄せられている。

「Confront and Conceal」オバマの秘密の戦争(2)(ブックレビュー) 画像
調査・レポート・白書 ScanNetSecurity

「Confront and Conceal」オバマの秘密の戦争(2)(ブックレビュー)

社会のインフラがコンピュータ化している以上、サイバー兵器によってインフラを破壊することも可能である。新世代モバイル通信、パワーグリッド、ロボット兵器の増加とサイバー攻撃に対する脆弱性は広がっている。このような変化とともに、世界情勢の変化を指摘している。

「Confront and Conceal」オバマの秘密の戦争(1)(ブックレビュー) 画像
調査・レポート・白書 ScanNetSecurity

「Confront and Conceal」オバマの秘密の戦争(1)(ブックレビュー)

アメリカでは自国がサイバー攻撃を受けた場合、広範囲の停電などの被害を受けるシミュレーションが行われている。こうしたことを考えると、脆弱性を発見し、エクスプロイトコードを作成するという行為の持つ軍事的な意味がわかるだろう。本書は、こうした現実を説明する。

GCHQが『Cyber Incident Response』にBAEらをラインナップ〜巨大軍事契約企業のみが援助(The Register) 画像
国際 ScanNetSecurity

GCHQが『Cyber Incident Response』にBAEらをラインナップ〜巨大軍事契約企業のみが援助(The Register)

同プロジェクトは現在試験段階にあるが、コンピューター・フォレンジックにおける経験、エレクトロニックシステムへのデジタル攻撃に対応する能力で選ばれた4企業を推奨している。

ビデオインタビュー:サイバー犯罪とデジタル戦争について 他(ダイジェストニュース) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

ビデオインタビュー:サイバー犯罪とデジタル戦争について 他(ダイジェストニュース)

ビデオインタビュー:サイバー犯罪とデジタル戦争について(エフセキュアブログ)他

来週:「世界戦争」 他(ダイジェストニュース) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

来週:「世界戦争」 他(ダイジェストニュース)

来週:「世界戦争」(エフセキュアブログ)他

ペンタゴンが次世代オンライン闘争のための「プランX」を開発〜グローバルネットワークを防御する「バトル・ユニット」(The Register) 画像
国際 ScanNetSecurity

ペンタゴンが次世代オンライン闘争のための「プランX」を開発〜グローバルネットワークを防御する「バトル・ユニット」(The Register)

プランXは「リアルタイムかつ大規模に、そしてダイナミックなネットワーク環境でサイバー戦争を把握、計画、管理するための革命的テクノロジー」を求めている。

サイバー戦争に適用しうる国際法について 他(ダイジェストニュース) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

サイバー戦争に適用しうる国際法について 他(ダイジェストニュース)

サイバー戦争に適用しうる国際法について(エフセキュアブログ)他

GCHQ諜報員の死の謎が英国のハッカー戦争に光を当てる〜ガレス・ウイリアムズはBlackhatもしくはDefconで狙われたのか?(その2)(The Register) 画像
国際 ScanNetSecurity

GCHQ諜報員の死の謎が英国のハッカー戦争に光を当てる〜ガレス・ウイリアムズはBlackhatもしくはDefconで狙われたのか?(その2)(The Register)

GCHQは、全ての通話記録とソーシャル・ネットワークのデータの長期保管、インターネット・プロバイダーのネットワークに対する無制約なアクセスを求めている。

GCHQ諜報員の死の謎が英国のハッカー戦争に光を当てる〜ガレス・ウイリアムズはBlack HatもしくはDefconで狙われたのか?(その1)(The Register)  画像
国際 ScanNetSecurity

GCHQ諜報員の死の謎が英国のハッカー戦争に光を当てる〜ガレス・ウイリアムズはBlack HatもしくはDefconで狙われたのか?(その1)(The Register)

彼は一連の適性テストと実技試験を受けたが、不合格。SISの証人によれば、彼は同年、Black Hat 16にも出席しており、おそらくはDefconにも出席したと思われる。

ハッカー諸君、ご安心を! NATOにサイバー攻撃プランは無いと高級将校が語る〜インターネット戦争? 書類仕事が先(The Register) 画像
国際 ScanNetSecurity

ハッカー諸君、ご安心を! NATOにサイバー攻撃プランは無いと高級将校が語る〜インターネット戦争? 書類仕事が先(The Register)

Willemse少将は水曜(編集部註:2012年6月6日)、エストニアで開幕した第4回CyConで初日の基調講演を行った際、NATOの現行の行動計画は2015年まで続き、同機構は「リスク・アセスメントに基づく確実なプラン」による新たなロードマップが必要だと語った。

中東全域で発見された複雑なサイバー戦争ツール「Flame」〜Stuxnetの20倍の大きさで2年前に登場…そして現在もアクティブ(The Register) 画像
国際 ScanNetSecurity

中東全域で発見された複雑なサイバー戦争ツール「Flame」〜Stuxnetの20倍の大きさで2年前に登場…そして現在もアクティブ(The Register)

2年にわたりコンピュータに対して出回っていた、イランやイスラエルなどの国を標的とする新たなスーパー・サイバー兵器が、研究者によって発見された。

Stuxnet ≠ サイバーウェアだと、U.S. Army Cyber Commandの将校が語る〜AusCERT:いずれにせよサイバー戦争とは何なのか?(The Register) 画像
国際 ScanNetSecurity

Stuxnet ≠ サイバーウェアだと、U.S. Army Cyber Commandの将校が語る〜AusCERT:いずれにせよサイバー戦争とは何なのか?(The Register)

我々はまだ本物のサイバー攻撃を目の当たりにしてはいないと、Clarkは考えているが、サイバー「攻撃」という言葉はメディアで乱用されているとも彼は言う。「Stuxnetはサイバー「攻撃」ではなかった(中略)と彼は語った。

中国・米国の軍隊がサイバー戦争ゲームでにらみ合い〜APT攻撃が続き高まる緊張(The Register) 画像
国際 ScanNetSecurity

中国・米国の軍隊がサイバー戦争ゲームでにらみ合い〜APT攻撃が続き高まる緊張(The Register)

ごく最近の重要な調査に、軍事契約企業ノースロップ・グラマンの論文(PDF)があり、人民解放軍の先進的な情報戦争の能力は、紛争の際、米軍にとって大きなリスクを意味すると主張されている。

SecurityDay2012 「中国のセキュリティ動向関連」 中国のハッカーコミュニティとサイバー軍の現状~JPCERT/CC の Lin氏講演 画像
研修・セミナー・カンファレンス ScanNetSecurity

SecurityDay2012 「中国のセキュリティ動向関連」 中国のハッカーコミュニティとサイバー軍の現状~JPCERT/CC の Lin氏講演

最後に林氏は、中国の「サイバーフォース(網軍)」について言及した。サイバーフォースはゼロデイ攻撃やアンチウイルスソフトに対する迂回処置など、高度な技術を駆使し、組織化されている行動が特徴である。

サイバー戦争レポート:紛争に対して最も準備が整っているのはイスラエルとフィンランド~GCHQとNSAがやり残していることは?(The Register) 画像
国際 ScanNetSecurity

サイバー戦争レポート:紛争に対して最も準備が整っているのはイスラエルとフィンランド~GCHQとNSAがやり残していることは?(The Register)

同レポートは他の調査結果で、大部分(57パーセント)の世界的専門家が、サイバースペースで軍備拡大競争が起きていると考えていることを明らかにした。3分の1以上(36パーセント)は、サイバー・セキュリティーがミサイル防衛より重要であると考えている。

日本政府が富士通に索敵殲滅型サイバー兵器の製作を依頼(The Register) 画像
国際 ScanNetSecurity

日本政府が富士通に索敵殲滅型サイバー兵器の製作を依頼(The Register)

日本の法律は現在、サイバー攻撃に対する報復として攻撃的な対応を禁止していることも潜在的な問題だが、これはおそらく、現行法を改正することでより容易に解決することができるだろう。報復行動の禁止は、日本の軍事力を制限する、第二次世界大戦後の協約との関連が深い。

1位は標的型攻撃、3位はサイバー戦争、JNSAが2011年十大ニュース発表(JNSA) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

1位は標的型攻撃、3位はサイバー戦争、JNSAが2011年十大ニュース発表(JNSA)

JNSAは、同協会のセキュリティ十大ニュース選考委員会による「JNSA 2011 セキュリティ十大ニュース」を発表した。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
Page 3 of 6
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×