マルウェアがJAXAのデータ抜き取り、Epsilonの機密情報流出(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.20(火)

マルウェアがJAXAのデータ抜き取り、Epsilonの機密情報流出(The Register)

国際 TheRegister

日本宇宙航空研究開発機構(JAXA)のコンピュータに仕掛けられたマルウェアが、最新の日本製固体燃料ロケットシステムのデータを盗み出していた。

JAXAの発表によると、11月21日に行われたシステムのセキュリティ調査で、一台のPCがマルウェアに蝕まれていたことが判明したものの、それがスパイ活動を目的としたサイバー攻撃であったかどうかは明らかでないという。しかし、JAXAが150億円の開発費を費やしてきた日本のEpsilonロケットシステムに関するデータは、組織から身元不明の人々へ実際に流出されていた…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×