GCHQ諜報員の死の謎が英国のハッカー戦争に光を当てる〜ガレス・ウイリアムズはBlack HatもしくはDefconで狙われたのか?(その1)(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

GCHQ諜報員の死の謎が英国のハッカー戦争に光を当てる〜ガレス・ウイリアムズはBlack HatもしくはDefconで狙われたのか?(その1)(The Register)

国際 TheRegister

英国の諜報員ガレス・ウイリアムズ博士が「非合法的に殺害」される前の最後のミッションは、米国のハッカー会議に潜入し、報告することだった。今週行われた彼の死因審問で提示された証拠が、それを示している。

ウイリアムズは米国および英国のハッキング・ネットワークに侵入するために送り込まれた情報部員の一人だったようだ。

一見したところ、ウイリアムズはジェームズ・ボンドよりはオースティン・パワーズに近いように見えるが、公に招待を暴かれた初のスパイ・ギークだ。それも不幸にもセンセーショナルな状況で…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×