GCHQ諜報員の死の謎が英国のハッカー戦争に光を当てる〜ガレス・ウイリアムズはBlackhatもしくはDefconで狙われたのか?(その2)(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.26(水)

GCHQ諜報員の死の謎が英国のハッカー戦争に光を当てる〜ガレス・ウイリアムズはBlackhatもしくはDefconで狙われたのか?(その2)(The Register)

GCHQは、全ての通話記録とソーシャル・ネットワークのデータの長期保管、インターネット・プロバイダーのネットワークに対する無制約なアクセスを求めている。

国際 TheRegister
「Defconに諜報員を送り込む歴史がある」

BlackhatとDefconカンファレンスで彼が使っていた名前や彼の「伝説」、あるいはカバーストーリーは、いまだ明らかになっていない。しかし、政府のエージェント(確実に米国政府のエージェント)が密かに参加しようとするのは、良くあることだったと定例会議の参加者たちは言う…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×