GCHQが『Cyber Incident Response』にBAEらをラインナップ〜巨大軍事契約企業のみが援助(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.19(金)

GCHQが『Cyber Incident Response』にBAEらをラインナップ〜巨大軍事契約企業のみが援助(The Register)

同プロジェクトは現在試験段階にあるが、コンピューター・フォレンジックにおける経験、エレクトロニックシステムへのデジタル攻撃に対応する能力で選ばれた4企業を推奨している。

国際 TheRegister
盗聴スパイの本拠GCHQ(政府通信本部)が、発電所や銀行、その他英国の重要な組織がハッキング攻撃を回避し、復帰することを援助できる企業のリストを作成している。

GCHQのデータセキュリティ部隊CESGと、国家インフラ保護局(CPNI)とが今日(編集部註:2012年11月7日)開始した「Cyber Incident Response」スキームは、英国の主要システム、ビジネスをサポートするパブリックセクター、公企業を対象としている。同プログラムの成熟後、民間セクターへの本格展開が行われる可能性がある…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×