サイバー戦争レポート:紛争に対して最も準備が整っているのはイスラエルとフィンランド~GCHQとNSAがやり残していることは?(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.17(水)

サイバー戦争レポート:紛争に対して最も準備が整っているのはイスラエルとフィンランド~GCHQとNSAがやり残していることは?(The Register)

国際 TheRegister

分析 McAfeeが後援するサイバー防衛の研究によれば、イスラエル、フィンランドおよびスウェーデンは、サイバースペースにおける紛争への対抗に関し、大国よりも準備が整っているという。

サイバーセキュリティ・レポート(クリックすると拡大)


同研究サイバーセキュリティ:世界的基準の難題は、McAfeeおよび国防シンクタンクSecurity & Defence Agenda(SDA)により、新たに登場したこの分野の専門家に行ったインタビューをベースにしている。同研究に評価基準は無く、非常に主観的であると、McAfeeさえもが認めている。ブリュッセルに本拠地を置くSDAは、27カ国の政府、企業、学会における「トップレベルの政策立案者およびサイバーセキュリティ専門家80人との詳細なインタビュー」および35カ国で250名の世界的リーダーを対象に行った無記名アンケートに、その結論の基礎を置いている。

念のため書いておくと、同レポートの主要な研究結果の一つに、米国、オーストラリア、英国、中国およびドイツのサイバー・レディネス(サイバーに対する準備)の状態は皆、イスラエル、スウェーデン、フィンランドといったより小さな国のそれよりも順位が低かった。さまざまな国のサイバー・レディネスの状態を評価するのに使用された方法論は、Defense for Cyber, Identity and Information Assuranceの前副次官補Robert Lentzが開発した…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×