日本政府が富士通に索敵殲滅型サイバー兵器の製作を依頼(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.20(金)

日本政府が富士通に索敵殲滅型サイバー兵器の製作を依頼(The Register)

国際 TheRegister

富士通は、伝えられるところによれば、サイバー攻撃のソースを追跡し、無効化するよう設計された「索敵殲滅」型マルウェアの開発を依頼されている。

開発が開始されたばかりのこのサイバー兵器は、3年かけた230万ドルのプロジェクトによるもので、同プロジェクトにはハッキング攻撃のソースをモニタリングし、分析するツールの開発も含まれていると、Daily Yomiuri報じている。同テクノロジーを展開するには、実用および立法双方のハードルをクリアすることが必要だ。

サイバー攻撃のソースの追跡は、周知の通り非常に難しい。サービス妨害攻撃などの攻撃を開始する際、攻撃者が通常ボットネットおよび匿名プロキシの背後に隠れていることが主な原因だ。富士通が開発すると伝えられるマルウェアは、無効化を行う前に、攻撃をコントロールするホストへの通信をさかのぼるよう設計されているという。

こうしたことを実行するのは決して容易ではなく、ハッカーが対抗手段を開発する以前でさえ、付随被害の可能性が高いように思われる。もう一つの問題は、同ツールがリリースされれば、それが悪人の手に渡るかもしれず、彼らはリバース・エンジニアリングを行い、自身の不正な目的に応用するかもしれないということだ。

伝えられるところでは、同マルウェアは「閉じられたネットワーク環境」でテストされている…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

    搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

  2. セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

    セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

  3. SMSによる二要素認証が招くSOS(The Register)

    SMSによる二要素認証が招くSOS(The Register)

  4. フィッシング詐欺支援サービスの価格表(The Register)

  5. WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

  6. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  7. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

  8. Mac OS X のシングルユーザモードの root アクセス(2)

  9. AWS 設定ミスでウォールストリートジャーナル購読者情報他 220 万件流出(The Register)

  10. Cisco のセキュリティビジネスに市場が多大な関心を寄せる理由(The Register)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×