脅威インテリジェンス/スレットインテリジェンス/Threat Intelligence | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.08.25(日)

脅威インテリジェンス/スレットインテリジェンス/Threat Intelligence

セキュリティ情報融合基盤「CURE」、NIRVANA改など複数の脅威情報を統合(NICT) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

セキュリティ情報融合基盤「CURE」、NIRVANA改など複数の脅威情報を統合(NICT)

NICTサイバーセキュリティ研究室は、多種多様なサイバーセキュリティ関連情報を大規模集約・横断分析するセキュリティ情報融合基盤「CURE」(キュア)を開発したと発表した。

NTTデータ先端技術サイバーセキュリティインテリジェンスセンター設立目論見 画像
製品・サービス・業界動向 高橋 潤哉( Junya Takahashi )

NTTデータ先端技術サイバーセキュリティインテリジェンスセンター設立目論見

NTTデータ先端技術株式会社が遡ること4月1日付、「サイバーセキュリティインテリジェンスセンター」を設立した。

Heart of Darknet - インターネット闇の奥 第4回「企業がインテリジェンスを活用する理由」 画像
特集 株式会社マキナレコード CEO 軍司 祐介

Heart of Darknet - インターネット闇の奥 第4回「企業がインテリジェンスを活用する理由」

歳を取ると、相対的に時の流れが早くなる。光陰矢の如しとはよく言ったもので、前回寄稿してからまさか1年以上が経過してしまうとは思ってもみなかった。

シンガポール発のサイバーインテリジェンス企業が日本に注目する理由 ~ CYFIRMA 画像
研修・セミナー・カンファレンス ScanNetSecurity

シンガポール発のサイバーインテリジェンス企業が日本に注目する理由 ~ CYFIRMAPR

英国 GCHQ(政府通信本部)に 8 年勤務、MI5(国内諜報部門)、MI6(海外諜報部門) で調査活動やサイバー案件に関わっていたというクマール・リテッシュ氏。

診断やトリアージ、迅速な意思決定と属人性排除のために~セキュリティ標準化最新動向セミナー 画像
研修・セミナー・カンファレンス 高橋 潤哉( Junya Takahashi )

診断やトリアージ、迅速な意思決定と属人性排除のために~セキュリティ標準化最新動向セミナーPR

今回のセミナーでキーワードとなるのは、さまざまなセキュリティプロセスの「標準化」だ。「意思決定」「脆弱性診断」「インシデントレスポンス」の3つの領域に関して、各ジャンルに詳しい専門家が取り組む標準化動向に関して講演する。

「未来を記録する」サイバーインテリジェンスサービス、Recorded Future サービス概要 画像
研修・セミナー・カンファレンス 中尾 真二( Shinji Nakao )

「未来を記録する」サイバーインテリジェンスサービス、Recorded Future サービス概要PR

Recorded Future は、80 万以上の情報ソースと 2,000 万のドキュメントから毎日 4,500 万件以上の新しい情報を処理する。過去 9 年間の蓄積データをベースに、独自の機械学習とエキスパートのルールモデルの組み合わせにより、将来起こるリスクを“予測”するという。

サイバーインテリジェンス、サービスの実力と利用料金 画像
製品・サービス・業界動向 中尾 真二( Shinji Nakao )

サイバーインテリジェンス、サービスの実力と利用料金

いくつかのインテリジェンスサービスの取材をもとに、提供される情報の内容や活用方法、提供価格についてレポートする。

ラックの新サービス「JLIST」、JSOCユーザ向け「JSIG」とどう違う? 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

ラックの新サービス「JLIST」、JSOCユーザ向け「JSIG」とどう違う?

ラックは7月12日、サイバー攻撃の脅威情報(スレットインテリジェンス)「JLIST(ジェイリスト)」を提供するサービスを8月1日より開始すると発表した。

センター開設から2年、事業進捗と新サービス紹介(DTRS) 画像
製品・サービス・業界動向 高橋 潤哉( Junya Takahashi )

センター開設から2年、事業進捗と新サービス紹介(DTRS)

「インテリジェンス収集を 4 名体制で行っているのは日本ではおそらくデロイト トーマツ リスクサービスだけ(佐藤氏)」

サイバー保険加入者向けにサイバーインテリジェンス情報提供(MS&ADインターリスク総研) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

サイバー保険加入者向けにサイバーインテリジェンス情報提供(MS&ADインターリスク総研)

MS&ADインターリスク総研は、IntSights Cyber Intelligence,Inc.と協業し、企業へのサイバーインテリジェンス情報の提供に関する新たなサービスの提供を開始すると発表した。

イスラエルIntSights社インテリジェンスサービスを日本語で提供(アズジェント) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

イスラエルIntSights社インテリジェンスサービスを日本語で提供(アズジェント)

アズジェントは、イスラエルのIntSights社とパートナー契約を締結し、同社のテクノロジーを使用した日本語対応の「IntSights Threat Intelligence サービス」の提供を開始すると発表した。

iNetSec新機能、独自脅威DBをもとにマルウェア通信先のリスク判定(PFU) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

iNetSec新機能、独自脅威DBをもとにマルウェア通信先のリスク判定(PFU)

PFUは、サイバー攻撃検知・SOC運用効率化アプライアンス「iNetSec MP 2040」を機能強化し、販売開始したと発表した。

英Surevine社のセキュリティ情報共有基盤、脆弱性情報とともに提供へ(日立システムズ) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

英Surevine社のセキュリティ情報共有基盤、脆弱性情報とともに提供へ(日立システムズ)

日立システムズは、英Surevine Limited社と協業したと発表した。

Dark Netでやり取りされるハッカーなどの情報をインテリジェンスで提供(テリロジー) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

Dark Netでやり取りされるハッカーなどの情報をインテリジェンスで提供(テリロジー)

テリロジーは、イスラエルのKELA Group(KELA社)との国内での販売代理店契約を締結したと発表した。

[Security Days Fall 2016開催直前インタビュー] イスラエルのインテリジェンスの経験と技術を民生利用、ダークネットでやりとりされる顧客への脅威を検知(KELA) 画像
研修・セミナー・カンファレンス ScanNetSecurity

[Security Days Fall 2016開催直前インタビュー] イスラエルのインテリジェンスの経験と技術を民生利用、ダークネットでやりとりされる顧客への脅威を検知(KELA)PR

――KELAは 「イスラエル版NSA」 8200部隊の精鋭によって起業された会社と聞いています。 おっしゃるとおりです。KELAは、イスラエルの各諜報機関が保有する情報収集と分析技術を一般のエンタープライズ企業向けに提供することを目的に設立されました。

[Security Days Fall 2016 インタビュー] 「脅威インテリジェンス」活用で攻撃者の先手を打つ次世代セキュリティ(KPMGコンサルティング) 画像
研修・セミナー・カンファレンス ScanNetSecurity

[Security Days Fall 2016 インタビュー] 「脅威インテリジェンス」活用で攻撃者の先手を打つ次世代セキュリティ(KPMGコンサルティング)PR

小川 「『こんなウィルスが流行している』などの単一の事象をもとに、単発の対策を行えば十分という時代は終わりました。能動的に新たな脅威の兆候をつかんで、対策を『先手』で実行しようというのが脅威インテリジェンスの背景です。」

    Page 1 of 1
    ★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
    <b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

    経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

    ×