脅威インテリジェンス/スレットインテリジェンス/Threat Intelligence(5 ページ目) | ScanNetSecurity
2021.04.17(土)

脅威インテリジェンス/スレットインテリジェンス/Threat Intelligence(5 ページ目)

「IBM Security QRadar」を活用したSIEMを提供開始(日本IBM) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

「IBM Security QRadar」を活用したSIEMを提供開始(日本IBM)

日本IBMは、セキュリティインテリジェンスを実現するソフトウェア「IBM Security QRadar」を活用したセキュリティサービス「IBM Managed SIEM 」を発表、3月18日から提供を開始する。

標的型攻撃は手法の改良が顕著、標的はより小規模企業へ--9月度レポート(シマンテック) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

標的型攻撃は手法の改良が顕著、標的はより小規模企業へ--9月度レポート(シマンテック)

シマンテックは、「シマンテック インテリジェンス レポート 2013年9月号(日本語版)」を発表した。

怪しいファイルを複数のサンドボックスで解析、インテリジェンスを共有(ブルーコート) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

怪しいファイルを複数のサンドボックスで解析、インテリジェンスを共有(ブルーコート)

ブルーコートは、既知および未知のマルウェアに対応する解析機能をゲートウェイに統合するソリューション「Content Analysis System」を発表した。

マイナビニュース「セキュリティー・インテリジェンスセミナー」10月9日開催(マイナビ) 画像
研修・セミナー・カンファレンス 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

マイナビニュース「セキュリティー・インテリジェンスセミナー」10月9日開催(マイナビ)

マイナビでは、10月9日にマイナビニュース 「セキュリティー・インテリジェンスセミナー:脅威が侵入することを前提にした対策を講じるべし!~情報セキュリティー投資の効果的な組み合わせが企業利益を守る~」を開催する。

セキュリティインテリジェンス製品の最新版を発表(日本IBM) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

セキュリティインテリジェンス製品の最新版を発表(日本IBM)

日本IBMは、セキュリティ・インテリジェンスを実現するソフトウェア製品の最新版「IBM Security QRadar V7.2」を発表した。

サイバーテロの脅威の増大、サイバーインテリジェンス事案の続発に対応(警察庁) 画像
製品・サービス・業界動向 冨岡晶@RBB TODAY

サイバーテロの脅威の増大、サイバーインテリジェンス事案の続発に対応(警察庁)

 警察庁(警備企画課・情報技術解析課)は16日、サイバーテロの脅威の増大、サイバーインテリジェンス事案の続発に対応するため、サイバー攻撃対策の強化を図る通達を発出した。

日本は感染率は低いが、深刻度の高い感染が多い--マイクロソフトレポート(マイクロソフト) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

日本は感染率は低いが、深刻度の高い感染が多い--マイクロソフトレポート(マイクロソフト)

日本マイクロソフトは、「マイクロソフト セキュリティ インテリジェンス レポート(SIR)第14版(英語版)」を公開した。

「標的型攻撃はマルウェア対策の延長」では対策を誤る--ラックがレポート(ラック) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

「標的型攻撃はマルウェア対策の延長」では対策を誤る--ラックがレポート(ラック)

ラックは、「統合リスク管理レポート vol.07『標的型攻撃にみるマルウェア対策のパラダイムシフト~カウンターインテリジェンス対策から標的型攻撃を考える~』」を公開した。

すべてのカテゴリにおいて米国が世界最大の発信源に--12月度レポート(シマンテック) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

すべてのカテゴリにおいて米国が世界最大の発信源に--12月度レポート(シマンテック)

シマンテックは、「シマンテック インテリジェンス レポート 2012年12月度(日本語版)」を発表した。12月度は、スパム、フィッシング詐欺、ウイルス添付ファイルのすべてのカテゴリにおいて米国が世界最大の発信源になった。

データ侵害で最もよく盗まれる項目は「個人の実名」--11月度レポート(シマンテック) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

データ侵害で最もよく盗まれる項目は「個人の実名」--11月度レポート(シマンテック)

シマンテックは、「シマンテック インテリジェンス レポート 2012年11月度(日本語版)」を発表した。11月度では、2012年における重大なセキュリティ問題のひとつとなっている「データ侵害」について調査している。

更新の未適用率が高いのはJavaおよびAdobe製品--マイクロソフトレポート(マイクロソフト) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

更新の未適用率が高いのはJavaおよびAdobe製品--マイクロソフトレポート(マイクロソフト)

日本マイクロソフトは、「マイクロソフト セキュリティ インテリジェンス レポート 第13版」を公開した。

攻撃者が活用するツール、不正Androidアプリに注目--9月度レポート(シマンテック) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

攻撃者が活用するツール、不正Androidアプリに注目--9月度レポート(シマンテック)

シマンテックは、「シマンテック インテリジェンス レポート 2012年9月度(日本語版)」を発表した。

サイバー犯罪インテリジェンスを支える特別調査チーム FTR (トレンドマイクロ) 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

サイバー犯罪インテリジェンスを支える特別調査チーム FTR (トレンドマイクロ)

トレンドマイクロ株式会社は10月11日、都内で記者向けのブリーフィングを開催し、同社のサイバーインテリジェンスを支える特別チーム Forward Looking Threat Research(FTR)の3名のメンバーを紹介した。

この2年の「データ侵害」の変化を検証--8月度レポート(シマンテック) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

この2年の「データ侵害」の変化を検証--8月度レポート(シマンテック)

シマンテックは、「シマンテック インテリジェンス レポート 2012年8月度(日本語版)」を発表した。今月の分析では、ユーザ情報が公に開示されたり盗まれるといったセキュリティインシデントのひとつ「データ侵害」に注目している。

官民による「サイバーインテリジェンス対策のための不正通信防止協議会」(警察庁) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

官民による「サイバーインテリジェンス対策のための不正通信防止協議会」(警察庁)

警察庁警備企画課および情報技術解析課は、2012年上半期における「サイバーインテリジェンスに係る最近の情勢」を発表した。

悪質なコードを拡散する攻撃ツールキットが前年の3倍に--7月度レポート(シマンテック) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

悪質なコードを拡散する攻撃ツールキットが前年の3倍に--7月度レポート(シマンテック)

シマンテックは、「シマンテック インテリジェンス レポート 2012年7月度(日本語版)」を発表した。

標的型攻撃の3割は小規模企業をターゲットに--6月度レポート(シマンテック) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

標的型攻撃の3割は小規模企業をターゲットに--6月度レポート(シマンテック)

シマンテックは、「シマンテック インテリジェンス レポート 2012年6月度(日本語版)」を発表した。今月の分析では、過去6カ月間のすべての標的型攻撃の36%小規模企業に向けられていたことを明らかにしている。

攻撃者の標的はWindows以外のプラットフォームに拡大--5月度レポート(シマンテック) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

攻撃者の標的はWindows以外のプラットフォームに拡大--5月度レポート(シマンテック)

シマンテックは、「シマンテック インテリジェンス レポート 2012年5月度(日本語版)」を発表した。今月の分析では、Androidを狙うマルウェアの増加傾向が2012年に入ってがさらに加速している。

「Conficker」および標的型攻撃について分析--マイクロソフトレポート(マイクロソフト) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

「Conficker」および標的型攻撃について分析--マイクロソフトレポート(マイクロソフト)

日本マイクロソフトは、「マイクロソフト セキュリティ インテリジェンス レポート(SIR)第12版」を公開した。

米国の商事改善協会を騙るメール攻撃を確認--インテリジェンスレポート(シマンテック) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

米国の商事改善協会を騙るメール攻撃を確認--インテリジェンスレポート(シマンテック)

シマンテックは、「シマンテック インテリジェンス レポート 2012年2月度(日本語版)」を発表した北米の著名な調停・仲裁サービスである「米国の商事改善協会(Better Business Bureau)」を詐称するメールを使用した新種のサイバー攻撃を確認したという。

「情報共有ネットワーク」全体の約90%の事業者等が新たな対策を実施(警察庁) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

「情報共有ネットワーク」全体の約90%の事業者等が新たな対策を実施(警察庁)

警察庁は、「サイバーインテリジェンスに係る最近の情勢」を発表した。これによると、標的型メール攻撃の把握状況では2011年10月から12月までの3か月間で、合計161件の標的型メールが国内の民間企業などに送付されていたという。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
Page 5 of 6
★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×