セキュリティインテリジェンス製品の最新版を発表(日本IBM) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.13(木)

セキュリティインテリジェンス製品の最新版を発表(日本IBM)

日本IBMは、セキュリティ・インテリジェンスを実現するソフトウェア製品の最新版「IBM Security QRadar V7.2」を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は7月26日、セキュリティ・インテリジェンスを実現するソフトウェア製品の最新版「IBM Security QRadar V7.2」を発表した。本製品は、企業などのシステム内部のセキュリティの脅威や問題を、多岐にわたるシステム内部の情報を相関分析し可視化した「セキュリティ・ビッグデータ」を活用して早期の対応に結びつけるソフトウェア。使用料金は、ログ管理のみの利用は1,193,850円から、すべての機能を利用する場合は11,090,940円から。8月12日よりIBMおよびIBMパートナー経由で提供を開始する。

最新版では、7万種類以上の脆弱性やセキュリティに関する最新情報をもとに、管理するITシステムをスキャンし最新の対応状況を一元的に可視化し、優先的に対応すべき項目などの知見を提供する「IBM Security QRadar Vulnerability Manager」を新たな機能として実装した。また、日本語を含む多言語コードのログの収集および解析の正式サポートや、機器情報管理ソフトウェアとの連携など、従来の機能の強化も実現している。提供形態は、ソフトウェア・ライセンス、物理アプライアンス、仮想アプライアンスが用意される。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×