研修・セミナー・カンファレンスニュース記事一覧(4 ページ目) | ScanNetSecurity
2024.05.23(木)

研修・セミナー・カンファレンスニュース記事一覧(4 ページ目)

組織がサイバー攻撃に備える5つの実践的ヒント 画像
セミナー・イベント

組織がサイバー攻撃に備える5つの実践的ヒントPR

セキュリティ担当者も現実を受け入れることが重要となります。その現実とは、セキュリティ担当者はサイバー犯罪者を完全には撲滅できないということ、できるのは、サイバー犯罪の成功率を引き下げることだけであるということです。

専門家と「さしで」1 時間 ~ セコムトラストシステムズ「情報セキュリティ 無料なんでも相談会」12 / 7, 8 開催 画像
セミナー・イベント

専門家と「さしで」1 時間 ~ セコムトラストシステムズ「情報セキュリティ 無料なんでも相談会」12 / 7, 8 開催PR

 セコムトラストシステムズ株式会社は11月、オンラインで「情報セキュリティ 無料なんでも相談会」を12月7日、8日に開催すると発表した。

生成 AI 活用「AeyeScan」最新機能をデモ公開、エーアイセキュリティラボ 執行役員 関根氏解説 画像
セミナー・イベント

生成 AI 活用「AeyeScan」最新機能をデモ公開、エーアイセキュリティラボ 執行役員 関根氏解説PR

 株式会社エーアイセキュリティラボは11月、オンラインセミナー「生成AIを活用した機能をデモで一挙公開! 知っておきたい脆弱性診断の最先端」を11月10日、11月17日に開催すると発表した。11月2日に配信したセミナーの再放送となる。

ベンダーニュートラル視点 ~ バグバウンティの IssueHunt、脆弱性スキャナ無料相談会 画像
セミナー・イベント

ベンダーニュートラル視点 ~ バグバウンティの IssueHunt、脆弱性スキャナ無料相談会

 IssueHunt株式会社は11月2日、期間限定で脆弱性スキャナ相談会を無料開催すると発表した。

サイバーインテリジェンスに関する4大誤解と CISO が理解しておくべきポイント 画像
セミナー・イベント

サイバーインテリジェンスに関する4大誤解と CISO が理解しておくべきポイントPR

アンダーグラウンドのサイバー犯罪社会は、実際には神秘的でも不可知でもありません。

弁護士視点で見た REvil 解体の論点 ~ ユーロポール・FBI・FSB 連携は快挙なのか? 画像
セミナー・イベント

弁護士視点で見た REvil 解体の論点 ~ ユーロポール・FBI・FSB 連携は快挙なのか?

REvilプラットフォームのテイクダウン、グループの解体は、FBIやユーロポール、ロシアFSB、さらに米露政府も異例の国際連携の成果だが、捜査プロセスを細かに調べると不明な部分もあり、課題も残している。

非公開情報満載:フィッシング対策 会場だけで聞ける話 Internet Week 2023 画像
セミナー・イベント

非公開情報満載:フィッシング対策 会場だけで聞ける話 Internet Week 2023

Internet Week 2023が、11月15日から11月22日にかけて開催される。前半はオンライン開催、後半の3日間はリアル会場(東京大学伊藤謝恩ホール)で開催される。主催は一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)。

君は怒れるユニコーンを見たか? OSS の脆弱性を一掃しようとした研究者の記録 画像
セミナー・イベント

君は怒れるユニコーンを見たか? OSS の脆弱性を一掃しようとした研究者の記録

 彼が考えたのは「体質改善」だ。セキュアでないコード断片をレポジトリから取り除けば、ソフトウェア全体の強化につながる。だが、どうやって? 手作業ではとうてい不可能だ。

企業管理職におくる「アンダーグラウンドのサイバー犯罪社会」入門書 ~「ダークウェブ」という用語が適さなくなった理由 画像
セミナー・イベント

企業管理職におくる「アンダーグラウンドのサイバー犯罪社会」入門書 ~「ダークウェブ」という用語が適さなくなった理由PR

本稿では、「アンダーグラウンドのサイバー犯罪社会」という言葉の定義、アクターとその活動動機、手法について現状を解説します。また、セキュリティ部門のトップが自組織を台頭する脅威から守るための推奨策についても詳述します。

困っている人みんなあつまれ! セキュリティ運用の森(後編)Internet Week 2023 画像
セミナー・イベント

困っている人みんなあつまれ! セキュリティ運用の森(後編)Internet Week 2023

Internet Week 2023が、11月15日から11月22日にかけて開催される。前半はオンライン開催、後半の3日間はリアル会場(東京大学伊藤謝恩ホール)で開催される。主催は一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)。

11/8,9 開催:世界の一流に愛される日本発のサイバーセキュリティ国際会議 CODE BLUE 2023 画像
セミナー・イベント

11/8,9 開催:世界の一流に愛される日本発のサイバーセキュリティ国際会議 CODE BLUE 2023

 「トム・クルーズがわざわざ友情出演してくれるようなもの」と形容しても、サイバーセキュリティカンファレンスの常識的には決して大げさではないと思う。

サイバーセキュリティ版「賽の河原」? CVE フィード自動化への Airbnb の挑戦 画像
セミナー・イベント

サイバーセキュリティ版「賽の河原」? CVE フィード自動化への Airbnb の挑戦

賽の河原とシシュフォスの岩は、背景やメッセージが異なるものの、終わらない作業(戦い)という点は一致している。セキュリティ対策も「いたちごっこ」などと言われ続け、我々は日々終わりのない戦いに挑み続けている。

困っている人みんなあつまれ! セキュリティ運用の森(前編)Internet Week 2023 画像
セミナー・イベント

困っている人みんなあつまれ! セキュリティ運用の森(前編)Internet Week 2023

Internet Week 2023が、11月15日から11月22日にかけて開催される。前半はオンライン開催、後半の3日間はリアル会場(東京大学伊藤謝恩ホール)で開催される。主催は一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)。

11月8日から開催「CODE BLUE 2023」全プログラム内容を公表 画像
セミナー・イベント

11月8日から開催「CODE BLUE 2023」全プログラム内容を公表

 CODE BLUE実行委員会は10月18日、東京都赤坂で11月8日から9日に開催する日本発のサイバーセキュリティ国際会議「CODE BLUE 2023」の全てのプログラム内容を発表した。

18歳以上の学生対象「NRI Secure NetWars 2023」開催、サイバー攻撃や防御にフォーカス 画像
セミナー・イベント

18歳以上の学生対象「NRI Secure NetWars 2023」開催、サイバー攻撃や防御にフォーカス

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(NRIセキュア)は10月18日、CTF形式のハッキングトーナメント「NRI Secure NetWars 2023」を11月19日にオンライン形式で開催すると発表した。

「サイバーインシデント演習 in 横須賀」開催、講師は川口設計の川口洋氏 画像
セミナー・イベント

「サイバーインシデント演習 in 横須賀」開催、講師は川口設計の川口洋氏

 総務省関東総合通信局は10月16日、神奈川県横須賀市で中小企業向けに「サイバーインシデント演習 in 横須賀」を開催すると発表した。

トレードオフという言葉に甘えない ~ ソリトンシステムズが追求する「運用負荷フリー」のセキュリティ製品開発 画像
セミナー・イベント

トレードオフという言葉に甘えない ~ ソリトンシステムズが追求する「運用負荷フリー」のセキュリティ製品開発PR

調査テーマ自体は “ありふれた” ものにも感じられるが、このアンケート結果を読み取る視点が非常にソリトンらしい。情報システム部門に寄り添うメーカーとしての姿勢が、そこに凝縮されていた。

フォレンジック技術者が語る サイバー攻撃が発生する四つの未知の領域への警鐘 ~ エムオーテックス 画像
セミナー・イベント

フォレンジック技術者が語る サイバー攻撃が発生する四つの未知の領域への警鐘 ~ エムオーテックスPR

「未把握」「未実施」「未取得」「未検出」の 四つの「未知の領域」があることで、被害が発生したり、被害が拡大していく傾向があります。

OSINT でサプライチェーンを守る 5 つのポイント ~ 日本ハッカー協会 杉浦氏 講演 画像
セミナー・イベント

OSINT でサプライチェーンを守る 5 つのポイント ~ 日本ハッカー協会 杉浦氏 講演

 では、具体的に何を OSINT で発見すればいいのか。杉浦氏は次の 5 項目を挙げた。どれも攻撃者視点で考えられていることに注目してほしい。攻撃者は何を考えているのか。どこを狙ってくるのか。そのうえで攻撃に必要な情報はなにか。彼らはその情報を調べるはずだ。

国際標準ITU-T 勧告 X.1060 が定義するサイバーディフェンスセンター(CDC)と、それを支える監視基盤 Elasticsearch 画像
セミナー・イベント

国際標準ITU-T 勧告 X.1060 が定義するサイバーディフェンスセンター(CDC)と、それを支える監視基盤 ElasticsearchPR

現在の SIEM とか SOC には、単純にデータが溜まっている、集まっているだけで、何かあったときは人間が手動で頑張らなければいけなかったり、SOC 自体も製品ごとにサイロ化していたり、早く見つけて早く対処することが「できない」状況になっています。

送受信双方 最も手間が少ない PPAP 対策、クオリティア「TLS確認機能」500 社突破記念講演 画像
セミナー・イベント

送受信双方 最も手間が少ない PPAP 対策、クオリティア「TLS確認機能」500 社突破記念講演PR

PPAP 対策で一番目が向きがちなのが、添付ファイルを分離してダウンロードリンクの URL を送る手法ですが、この方法を全ての取引先様が嬉しいと思っているのかどうかは考えてみてもいいと思います。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 20
  12. 30
  13. 40
  14. 50
  15. 最後
Page 4 of 80
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×