2022年3月の研修・セミナー・カンファレンスニュース記事一覧 | ScanNetSecurity
2024.07.13(土)

2022年3月の研修・セミナー・カンファレンスニュース記事一覧

女性セキュリティ研究者を 0 %から 50 %に増やす ~ あるセキュリティ企業の取り組み 画像
セミナー・イベント

女性セキュリティ研究者を 0 %から 50 %に増やす ~ あるセキュリティ企業の取り組み

2018年、シマンテックはエンタープライズ部門を強化する意味でイスラエルJavelin Networksを買収した。目的は、同社のポートフォリオにMicrosoft ActiveDirectory向けソリューションをラインナップするため。

ITエンジニア限定のeスポーツ大会「LogStare eSports Series」第3回開催、種目は「FORTNITE」に 画像
セミナー・イベント

ITエンジニア限定のeスポーツ大会「LogStare eSports Series」第3回開催、種目は「FORTNITE」に

 株式会社セキュアヴェイルは3月25日、同社が後援するITエンジニア限定のeスポーツ大会「LogStare eSports Series featuring FORTNITE」を4月29日に開催すると発表した。同日からエントリーを受け付ける。

日本シーサート協議会、TRANSITS Workshopの取り組みを解説 画像
セミナー・イベント

日本シーサート協議会、TRANSITS Workshopの取り組みを解説

 日本コンピュータセキュリティインシデント対応チーム協議会(日本シーサート協議会)は3月25日、定期的に開催しているCSIRT対応能力向上トレーニング「TRANSITS」について紹介している。

セキュリティ・キャンプ全国大会2022、セキュリティ・ネクストキャンプ2022をオンライン開催 画像
セミナー・イベント

セキュリティ・キャンプ全国大会2022、セキュリティ・ネクストキャンプ2022をオンライン開催

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は3月23日、「セキュリティ・キャンプ全国大会2022」「セキュリティ・ネクストキャンプ2022」の開催について発表した。2022年度は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点からオンラインで開催となる。

3行コードなのに正しく実装されないセキュリティプロトコル、Zerologonの脅威 画像
セミナー・イベント

3行コードなのに正しく実装されないセキュリティプロトコル、Zerologonの脅威

Active Directoryのドメインコントローラー(DC)の権限が奪取される「Zerologon」の脆弱性(CVE-2020-1472)。2020年に発見されたものだが、暗号鍵をオールゼロにすることで認証をバイパスできるという盲点をつくようなプロトコルの欠陥が話題となった。

賞金総額1万ドル「LINE CTF 2022」オンライン開催 画像
セミナー・イベント

賞金総額1万ドル「LINE CTF 2022」オンライン開催

 LINE株式会社は3月9日、セキュリティスキル・知識を競う技術コンテスト「LINE CTF 2022」をオンライン開催すると発表した。

NVIDIA の AI はサイバーセキュリティの夢を見るか 画像
セミナー・イベント

NVIDIA の AI はサイバーセキュリティの夢を見るかPR

売り言葉に買い言葉である。編集部は、NVIDIAの目的とMorpheusのプラットフォームとしての真価を確かめ、ことと次第によっては永久にセキュリティ業界で食えないようにするという予断と偏見のもと取材に臨んだ。

CrowdStrikeの次世代アンチウイルス「Falcon Prevent」への置き換えについて解説 画像
セミナー・イベント

CrowdStrikeの次世代アンチウイルス「Falcon Prevent」への置き換えについて解説PR

 クラウドストライク株式会社は3月、Webセミナー「管理者をアンチウイルス運用から解放し、強固な防御と適切なコストに切り替える方法」を4月5日に開催すると発表した。

「CrowdStrike 2022年版グローバル脅威レポート」から注目すべきサイバー情報やイベントを解説 画像
セミナー・イベント

「CrowdStrike 2022年版グローバル脅威レポート」から注目すべきサイバー情報やイベントを解説PR

 クラウドストライク株式会社は3月、Webセミナー「脅威インテリジェンスレポート:2021年のサイバー脅威から学び、今後に備える」を3月29日に開催すると発表した。

米国カーネギーメロン大学の「picoCTF2022」に日本向けチーム賞提供、女性部門や中学生部門も 画像
セミナー・イベント

米国カーネギーメロン大学の「picoCTF2022」に日本向けチーム賞提供、女性部門や中学生部門も

 コグニティブリサーチラボ株式会社は3月4日、米国カーネギーメロン大学が開発する中高生向けハッキングコンテスト picoCTFのカテゴリースポンサーとして、2022年3月に開催される「picoCTF2022」で日本向けチーム賞の提供を発表した。

ウォッチガードのクラウド基盤を使ってMSSPがゼロトラストネットワークを実現する方法 画像
セミナー・イベント

ウォッチガードのクラウド基盤を使ってMSSPがゼロトラストネットワークを実現する方法PR

今回の猪股氏の講演のテーマはゼロトラストセキュリティ。ウォッチガードの製品とクラウド基盤を用いてゼロトラストを実現する仕組みが解説される。

ソリトンシステムズが提案するセキュアストレージ「VVAULT」は、いかにしてランサムウェアからデータを守るか 画像
セミナー・イベント

ソリトンシステムズが提案するセキュアストレージ「VVAULT」は、いかにしてランサムウェアからデータを守るかPR

今回、ソリトンらしいストレージ商品として市場に問うたのが VVAULT だ。「これまではストレージをデータの容れ物としか考えていなかった」木下氏はこれまでの挑戦をそう振り返った。

己の鎖を自慢する奴隷の如きセキュリティに陥らぬ為には? NII 柏崎氏講演 画像
セミナー・イベント

己の鎖を自慢する奴隷の如きセキュリティに陥らぬ為には? NII 柏崎氏講演

国立情報学研究所(NII) サイバーセキュリティ研究開発センター 特任准教授 柏崎礼生氏は、セキュリティにおける可用性の新しい着眼点を提案する。どういうことか。

開催 3/10:DMARC検討中企業へ向け、EU圏の状況を報告 ~ TwoFive セキュリティウェビナー2022春 画像
セミナー・イベント

開催 3/10:DMARC検討中企業へ向け、EU圏の状況を報告 ~ TwoFive セキュリティウェビナー2022春PR

 株式会社TwoFiveは「TwoFive セキュリティウェビナー 2022 春」を3月10日に開催する。「EUでのDMARC、日本でのDMARC導入事例」をテーマに講演する。

JNSA主催「Network Security Forum2022」にイエラエセキュリティ社長 牧田誠氏 登壇 画像
セミナー・イベント

JNSA主催「Network Security Forum2022」にイエラエセキュリティ社長 牧田誠氏 登壇

 株式会社イエラエセキュリティは3月3日、JNSA主催の「Network Security Forum2022」のパネルディスカッションに、同社代表取締役社長の牧田誠 氏が登壇すると発表した。

バグバウンティ運用管理代行サービスBugtyを提供するスリーシェイクが「解決する労苦〈Toil〉」 画像
セミナー・イベント

バグバウンティ運用管理代行サービスBugtyを提供するスリーシェイクが「解決する労苦〈Toil〉」PR

 「バウンティ(Bounty)」とは、報酬あるいは報奨金の意味で、賞金稼ぎのことを「バウンティハンター」とも呼ぶ。

検知率100%、AIで自律駆動するSentinelOneがランサムウェアそしてEmotetと戦う 画像
セミナー・イベント

検知率100%、AIで自律駆動するSentinelOneがランサムウェアそしてEmotetと戦うPR

それはまるで、ファストドロウ(ハンドガンを素早くホルスターから引き抜き正確な射撃を行うスポーツ)専用のリボルバーか、あるいは 2 キロ先の標的を打ち抜く自動照準機能を持つ高性能のスナイパーライフルか。

クラウドストライク鈴木滋が語るCrowdStrike Falconへの製品愛 画像
セミナー・イベント

クラウドストライク鈴木滋が語るCrowdStrike Falconへの製品愛PR

「本当にすごい」という理由をひとことで言えば? と問うと、ひとつは「クラウドネイティブであること」そしてもうひとつが「脅威インテリジェンスと 24/365 で行われる脅威ハンティング」と、ひと言でなくふたつ返ってきた。愛は常に過剰なものである。

ラスベガスへ行こう ~  FFRI 鵜飼裕司に聞いた Black Hat USA Call for Papers 応募必勝攻略法  第5回「落とされるだけでなく出禁になる行為」 画像
特集

ラスベガスへ行こう ~ FFRI 鵜飼裕司に聞いた Black Hat USA Call for Papers 応募必勝攻略法 第5回「落とされるだけでなく出禁になる行為」

CFP 応募論文の選考を行うのは「レビューボード」と呼ばれ、セキュリティ業界におけるいわば雲上人の集まりだが、日本にはこの男がいた。国産セキュリティ R&D 企業として 4 回転(Fourteenforty)を決めた企業 FFRI を創設した鵜飼 裕司(うかい ゆうじ)である。

ランサムウェア攻撃に負けなし、サイバーリーズン・ジャパン菊川悠一が教える 前段階で対処する運用管理 画像
セミナー・イベント

ランサムウェア攻撃に負けなし、サイバーリーズン・ジャパン菊川悠一が教える 前段階で対処する運用管理PR

もはやバックアップのような定石的対策だけでは充分とはいえない。セキュリティの運用管理は大きく平時と有事に大別されるが、ランサムの場合有事から対応していたら、たとえば暴露型には打つ手がない。

NTTコミュニケーションズ小山覚氏が語る“実例”から学ぶ教訓 画像
セミナー・イベント

NTTコミュニケーションズ小山覚氏が語る“実例”から学ぶ教訓PR

 3月9日木曜日、日本の情報セキュリティ、サイバーセキュリティにおける情報共有の歴史に新しい1ページを開くような「事件」が起こる。

  1. 1
  2. 2
Page 1 of 2
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×