標的型攻撃の内部対策として注目を浴びる「特権ID管理」、CyberArk社が来春日本法人設立 2枚目の写真・画像 | ScanNetSecurity
2022.07.06(水)

標的型攻撃の内部対策として注目を浴びる「特権ID管理」、CyberArk社が来春日本法人設立 2枚目の写真・画像

社内に潜入したマルウェアが拡散し、情報収集する動きを封じ込める、いわゆる「内部対策」に、弊社製品が有効であることが理解されてきたことが、CyberArkの製品に関心をいただくようになった大きな理由だと思います。

製品・サービス・業界動向
アンチウイルスやファイアウォールをくぐり抜けた攻撃の最終的な標的となる特権アカウントを守るCyberArkの製品
アンチウイルスやファイアウォールをくぐり抜けた攻撃の最終的な標的となる特権アカウントを守るCyberArkの製品

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×