標的型攻撃の内部対策として注目を浴びる「特権ID管理」、CyberArk社が来春日本法人設立 1枚目の写真・画像 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.26(水)

標的型攻撃の内部対策として注目を浴びる「特権ID管理」、CyberArk社が来春日本法人設立 1枚目の写真・画像

社内に潜入したマルウェアが拡散し、情報収集する動きを封じ込める、いわゆる「内部対策」に、弊社製品が有効であることが理解されてきたことが、CyberArkの製品に関心をいただくようになった大きな理由だと思います。

製品・サービス・業界動向
「内部対策にCyberArk製品が有効」 CyberArk Software 社 Asia Pacific & Japan 地域副社長 Vincent Goh 氏
「内部対策にCyberArk製品が有効」 CyberArk Software 社 Asia Pacific & Japan 地域副社長 Vincent Goh 氏

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×