【画像】SNSのトラブルは「LINE」と「Twitter」が突出、4人に1人がいじめ・嫌がらせを経験(プリキャンティーンズラボ) (5/5)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.17(木)

SNSのトラブルは「LINE」と「Twitter」が突出、4人に1人がいじめ・嫌がらせを経験(プリキャンティーンズラボ) 5枚目の写真・画像

調査・レポート・白書

SNSで嫌なことがあったら大人に相談したいか (出典:プリキャンティーンズラボ)
SNSで嫌なことがあったら大人に相談したいか (出典:プリキャンティーンズラボ)

編集部おすすめの記事

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. 日本の従業員がサイバー攻撃を受けた経験は世界平均の約半分、意識の甘さも(A10)

    日本の従業員がサイバー攻撃を受けた経験は世界平均の約半分、意識の甘さも(A10)

  2. 青少年のインターネットや携帯電話に関する相談、架空請求が36%で最多(インターネット協会)

    青少年のインターネットや携帯電話に関する相談、架空請求が36%で最多(インターネット協会)

  3. 2013年に携帯電話の普及率99.6%、スマートフォンの出荷台数がフィーチャーフォンを上回る見込み(矢野経済研究所)

    2013年に携帯電話の普及率99.6%、スマートフォンの出荷台数がフィーチャーフォンを上回る見込み(矢野経済研究所)

  4. ランサムウェアの基礎知識から感染事例、対策をまとめたレポートを公開(IPA)

  5. 悪意の投稿は同水準、マナーは若年層を中心に年々低下--意識調査(IPA)

  6. ランサムウェアの被害件数は前年から約3.5倍、検出台数は約9.8倍に(トレンドマイクロ)

  7. Twitterのアカウントを作り直した女子高生は28%、理由として「勝手に私のアカウントでつぶやかれていたので乗っ取られたのではないかと思った」等も(リビジェン)

  8. 政治的な破壊的攻撃、1/131通が悪意のメール、ランサム266%増加--脅威レポート(シマンテック)

  9. 2016年の個人情報漏えい、「紛失・置き忘れ」原因が大きく後退(JNSA)

  10. サイバー犯罪者にもマネーロンダリングに利用される租税回避地(トレンドマイクロ)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×