SNSのトラブルは「LINE」と「Twitter」が突出、4人に1人がいじめ・嫌がらせを経験(プリキャンティーンズラボ) | ScanNetSecurity
2024.05.20(月)

SNSのトラブルは「LINE」と「Twitter」が突出、4人に1人がいじめ・嫌がらせを経験(プリキャンティーンズラボ)

 10代の女の子に関する研究機関「プリキャンティーンズラボ」が、「いじめ・嫌がらせに関する調査」を実施。SNSのトラブルはLINEやTwitterが多く、「トラブルがあっても大人に相談したくない」と回答したのは4割にのぼった。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー
 10代の女の子に関する研究機関「プリキャンティーンズラボ」が、「いじめ・嫌がらせに関する調査」を実施。SNSのトラブルは「LINE」や「Twitter」が多く、「トラブルがあっても大人に相談したくない」と回答したのは4割にのぼった。

 調査は、10代の女子2,072人を対象に、インターネットで7月1日~6日に実施。回答者の年齢分布は、中高生が9割を占め、スマートフォンの所有率は9割を超えている。

 アンケートで、「いじめ・嫌がらせ」について聞いたところ、4人に1人が「実際に受けたことがある」と回答。また、「見た・聞いたことがある」と回答した人は約30%おり、約半数が「いじめ・嫌がらせ」の存在を認識している。

 また、利用しているSNSは、「LINE」がもっとも多く97.5%、ついで「Twitter」61.3%、「Instagram」31.1%となった。SNSで嫌な思いをしたことがあるかを聞くと、56.4%が「ない」と回答。一方で、「ある」と回答した人の内訳をみると、「LINE」が33.5%、「Twitter」33.8%と2つが突出する結果となり、利用者が多いだけにトラブルも発生しやすいようだ。

 「LINE」の利用実態として、LINEのグループ数は「1~10」がもっとも多く52.2%、ついで「11~50」が40.3%。嫌な思いをしたことについては、「既読スルーされた」44.2%、「ブロックされた」39.1%、「未読スルーされた」29.2%と続いた。「自分への誹謗中傷の書き込みを見つけた」25.4%という直接的な嫌がらせよりLINEの便利機能に対しての反応が大きいようだ。

 さらに、「SNSで嫌なことがあったら大人に相談したいか」と聞いたところ、40.8%が「相談したこともないし、相談したいと思わない」と回答。身近な大人に相談しにくい環境であることがうかがえる。

10代女子4割、SNSでトラブル「大人に相談したくない」

《田中志実@リセマム》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×