【画像】ランサムウェアへの感染を狙う攻撃が引き続き継続、注意を呼びかけ(日本IBM) (2/2)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.16(土)

ランサムウェアへの感染を狙う攻撃が引き続き継続、注意を呼びかけ(日本IBM) 2枚目の写真・画像

脆弱性と脅威

ドライブ・バイ・ダウンロード攻撃による攻撃サーバーへの誘導件数とランサムウェア CryptoWall の転送件数
ドライブ・バイ・ダウンロード攻撃による攻撃サーバーへの誘導件数とランサムウェア CryptoWall の転送件数

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. 複数のTLS実装に、暗号化通信データを解読される脆弱性(JVN)

    複数のTLS実装に、暗号化通信データを解読される脆弱性(JVN)

  2. OSSのデータ収集ツール「Fluentd」に任意コマンド実行などの脆弱性(JVN)

    OSSのデータ収集ツール「Fluentd」に任意コマンド実行などの脆弱性(JVN)

  3. 月例セキュリティ情報を公開、修正プログラムの早急な適用を呼びかけ(IPA)

    月例セキュリティ情報を公開、修正プログラムの早急な適用を呼びかけ(IPA)

  4. Androidアプリ「Qt for Android」に任意コマンド実行など複数の脆弱性(JVN)

  5. 同業種でも攻撃や感染の数は企業により異なる、その差はリテラシー(ファイア・アイ)

  6. BIND 9.xに、パケットひとつでDNSサービスが停止する脆弱性(JPRS)

  7. 月例セキュリティ情報を公開、早めの対応を(日本マイクロソフト)

  8. 送信者を偽装できる脆弱性「Mailsploit」に注意、メールソフト別対応状況一覧(JPCERT/CC)

  9. グローバルIPアドレスが割り振られているPCやサーバなどの対策を呼びかけ(JPCERT/CC)

  10. スマホを狙うマルウェア、「PUA」「トロイの木馬」で全体の95%を占める(アンラボ)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×