【画像】8月1日に発効された「Microsoft サービス規約」により海賊ゲームやハードウェアを無効化 (1/1)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.20(金)

8月1日に発効された「Microsoft サービス規約」により海賊ゲームやハードウェアを無効化 1枚目の写真・画像

製品・サービス・業界動向

Microsoftサービス利用規約で「海賊ゲームの防止」―強制的な阻止が可能に
Microsoftサービス利用規約で「海賊ゲームの防止」―強制的な阻止が可能に

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. サイバー攻撃の観測レポートや注意喚起情報などをブログ形式で発信(IIJ)

    サイバー攻撃の観測レポートや注意喚起情報などをブログ形式で発信(IIJ)

  2. 米Intertrust社と提携、スマートフォンアプリのセキュリティ分野に参入(兼松)

    米Intertrust社と提携、スマートフォンアプリのセキュリティ分野に参入(兼松)

  3. なりすまし対策を強化し写真や動画を使った不正ログインも防ぐ顔認証AIエンジン(NEC)

    なりすまし対策を強化し写真や動画を使った不正ログインも防ぐ顔認証AIエンジン(NEC)

  4. 子どもたちが怪しいサイトやアプリを見抜けるよう啓発教材を共同開発(カスペルスキー、静岡大学)

  5. IoTとAIを組み込んだスマートマンション、そのサイバーセキュリティを探る(インヴァランス)

  6. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  7. 「Webアプリケーション脆弱性診断ガイドライン」を公開、手動診断を定義(JNSA、OWASP Japan)

  8. Webカメラを防犯カメラとして利用する際の注意点

  9. ネットマークスがWAF運用管理サービスでラックと連携(ネットマークス、ラック)

  10. GRC活動支援ソフトの最新版を発売、組織横断的なリスク管理など強化(EMCジャパン)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×