【画像】「マイガク」に不正アクセス、2万2,108人分の個人情報が流出した可能性(学研ホールディングス) (2/4)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.20(金)

「マイガク」に不正アクセス、2万2,108人分の個人情報が流出した可能性(学研ホールディングス) 2枚目の写真・画像

インシデント・事故

流出の可能性がある個人情報
流出の可能性がある個人情報

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. 「スピードラーニング」のデータをオークション目的でアップロードし逮捕(ACCS)

    「スピードラーニング」のデータをオークション目的でアップロードし逮捕(ACCS)

  2. スーパーフードの通販サイトでカード情報が流出、サイトは停止せず対策(フルッタフルッタ)

    スーパーフードの通販サイトでカード情報が流出、サイトは停止せず対策(フルッタフルッタ)

  3. 「相棒12」の海賊版を販売していた「録画代行サービス」の男性を送致(ACCS)

    「相棒12」の海賊版を販売していた「録画代行サービス」の男性を送致(ACCS)

  4. 「剣と魔法のログレス」アカウントがRMTサイトに出品、開発元従業員を逮捕(Aiming、マーベラス)

  5. 脆弱性を突かれ不正アクセス、番組サイトに投稿した個人情報が流出(TOKYO MX)

  6. 「myTOKYOGAS」へ不正アクセス、ポイントの不正使用も確認(東京ガス)

  7. デイサービスの送迎確認表が紛失、141名の個人情報を記載(横浜市)

  8. 12,439件のお客さま情報が入った業務用パソコンが盗難被害(東京ガス、キャプティ)

  9. 小学校の養護教諭が児童の個人情報を保存したUSBメモリを紛失(千葉県柏市)

  10. 保育士が私物PCに個人情報を保存して使用、車上荒らしにより盗難(奈良県生駒郡平群町)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×