災害時にインフラが破壊された場合でも情報の収集と拡散を行えるシステムを展示(NICT) 2枚目の写真・画像 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.01.20(日)

災害時にインフラが破壊された場合でも情報の収集と拡散を行えるシステムを展示(NICT) 2枚目の写真・画像

 災害時は思いもよらぬ形で既存の通信インフラが使えなくなることがありうる。そうした事態に備えるために昨今では、災害時の通信手段を確保するべく、さまざまな技術を多くの研究機関や企業が研究を進めている。

製品・サービス・業界動向
「地域情報集配信ネットワーク」を使った「安否確認」の概念図。エリア内を移動するバスが各所に設置された端末と通信することでネットワークを形成する
「地域情報集配信ネットワーク」を使った「安否確認」の概念図。エリア内を移動するバスが各所に設置された端末と通信することでネットワークを形成する

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×