災害時にインフラが破壊された場合でも情報の収集と拡散を行えるシステムを展示(NICT) 2枚目の写真・画像 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.19(金)

災害時にインフラが破壊された場合でも情報の収集と拡散を行えるシステムを展示(NICT) 2枚目の写真・画像

 災害時は思いもよらぬ形で既存の通信インフラが使えなくなることがありうる。そうした事態に備えるために昨今では、災害時の通信手段を確保するべく、さまざまな技術を多くの研究機関や企業が研究を進めている。

製品・サービス・業界動向
「地域情報集配信ネットワーク」を使った「安否確認」の概念図。エリア内を移動するバスが各所に設置された端末と通信することでネットワークを形成する
「地域情報集配信ネットワーク」を使った「安否確認」の概念図。エリア内を移動するバスが各所に設置された端末と通信することでネットワークを形成する

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×