茨城県の行政情報システムにクラウド型仮想基盤を導入、BCPとセキュリティの強化を実現(日立公共システム) 1枚目の写真・画像 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

茨城県の行政情報システムにクラウド型仮想基盤を導入、BCPとセキュリティの強化を実現(日立公共システム) 1枚目の写真・画像

日立公共システムは、茨城県の庁内行政情報システムのIT基盤として「クラウド型仮想基盤」を構築し、3月から本格稼働を開始したことを発表した。これにより茨城県は、BCP(Business Continuity Plan:業務継続計画)とセキュリティの強化を実現する。

製品・サービス・業界動向
ユーザーは県庁舎から「いばらきブロードバンドネットワーク」を経由して、各種情報システムを利用可能。クラウドなので県が資産を保有しないのも特徴だ(画像は同社リリースより)。
ユーザーは県庁舎から「いばらきブロードバンドネットワーク」を経由して、各種情報システムを利用可能。クラウドなので県が資産を保有しないのも特徴だ(画像は同社リリースより)。

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×