茨城県の行政情報システムにクラウド型仮想基盤を導入、BCPとセキュリティの強化を実現(日立公共システム) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.22(土)

茨城県の行政情報システムにクラウド型仮想基盤を導入、BCPとセキュリティの強化を実現(日立公共システム)

日立公共システムは、茨城県の庁内行政情報システムのIT基盤として「クラウド型仮想基盤」を構築し、3月から本格稼働を開始したことを発表した。これにより茨城県は、BCP(Business Continuity Plan:業務継続計画)とセキュリティの強化を実現する。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 日立公共システムは、茨城県の庁内行政情報システムのIT基盤として「クラウド型仮想基盤」を構築し、3月から本格稼働を開始したことを発表した。これにより茨城県は、BCP(Business Continuity Plan:業務継続計画)とセキュリティの強化を実現する。

 データセンター内のハードウェアやOSなどをネットワーク経由で利用できるIaaS型の「クラウド型仮想基盤」サービスを導入し、行政情報システムのIT基盤として利用したものとなる。データセンターは原発30km圏外など、災害の影響を受けにくいとされる場所に位置しており、生体認証装置や監視カメラでセキュリティを強化している。

 コスト面では、「クラウド型仮想基盤」は月単位の従量課金制サービスとなっており、ハードウェアの購入が不要。システムの構築や運用・管理コストの低減が行える。合わせてハードウェアの集約・統合によりシステムの一元管理が可能となったため、システムの運用・管理の効率化による職員の作業負荷削減も見込めるという。

 茨城県では2018年度にかけて、各課で運用・管理されている行政情報システムを「クラウド型仮想基盤」へ段階的に移行し、集約していく。

日立公共システムによる茨城県庁内行政情報システムが稼働開始

《宮崎崇@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×